第45回東京モーターショー2017 特集
ニュース
» 2017年10月11日 06時00分 公開

東京モーターショー 2017:エンジン・車両構造・デザインを刷新、マツダ次世代商品群を示すコンパクトハッチ

マツダは、「第45回東京モーターショー 2017」において、次世代商品群の先駆けとなるコンセプトモデルと次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を出品する。

[齊藤由希,MONOist]

 マツダは2017年10月10日、「第45回東京モーターショー 2017」(プレスデー:10月25〜26日、一般公開日:10月28日〜11月5日)において、次世代商品群の先駆けとなるコンセプトモデルと次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を出品すると発表した。

次世代商品群の先駆けとなるコンセプトモデル(左)。次世代車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャ)」を採用したボディー(右)(クリックして拡大) 出典:マツダ

 次世代商品群のコンセプトモデルは世界初公開となる。エンジンや車両構造、デザインを刷新したコンパクトハッチバックだ。ガソリンエンジンで圧縮着火を制御するSKYACTIV-Xと、次世代車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャ)」を採用し、全方位で洗練させたダイナミクス性能を実現するとしている。デザインも次世代商品群に向けたものとなる。

次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」。ガソリンエンジンで圧縮着火を実現した(クリックして拡大) 出典:マツダ

 これとは別に、次世代デザインを具現化したコンセプトモデルも出展する。2012年発売の「CX-5」から取り入れた「魂動デザイン」を深化させた表現方法を示すモデルとなる。

 市販予定モデルでは、ダークチェリー色の幌や赤褐色のナッパレザーインテリアを採用した「ロードスター」や、赤色のシートに白黒の2トーンの内装を組み合わせた「デミオ」の特別仕様車なども展示する。

次世代デザインを具現化したコンセプトカー(左)。次世代商品群の先駆けとなるコンパクトハッチバックのコンセプトモデル(右)(クリックして拡大) 出典:マツダ
デミオの特別仕様車「Noble Crimson (ノーブル・クリムゾン)」(左、中央)。ロードスター特別仕様車「RED TOP」(右)(クリックして拡大) 出典:マツダ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.