ニュース
» 2017年10月16日 08時00分 公開

VRニュース:富士通がVRソリューションを披露、平面ディスプレイとHMDの2タイプをそろえる

富士通は、「Japan VR Summit 3」のショーケースにおいて同社のVR(仮想現実)ソリューションを披露した。展示したのは平面ディスプレイを用いる「zSpace」とヘッドマウントディスプレイ(HMD)を用いる危険教育用のVRコンテンツの2つだ。

[朴尚洙,MONOist]

 富士通は、「Japan VR Summit 3」(2017年10月11〜13日、東京ビッグサイト)のショーケースにおいて同社のVR(仮想現実)ソリューションを披露した。展示したのはVRディスプレイ「zSpace」と危険教育用のVRコンテンツの2つだ。

 zSpaceは、偏光メガネを装着したユーザーから、平面のディスプレイ上に表示したコンテンツが立体的に浮き上がって見える。専用スタイラスによって、コンテンツを自在に操作することができるシステムである。

「zSpace」のデモ 「zSpace」のデモ。偏光メガネを装着したユーザーからはコンテンツが立体的に浮き上がって見えている(クリックで拡大)

 用途は「VR空間での体験的な業務トレーニング」「モノづくりの仮想検証」「手術ナビゲーション・医療トレーニング」「教育分野」「販売店向け販促・構成確認ツール」「インテリア/エクステリアシミュレーター」などだ。国内では、米国ベンチャーであるzSpaceからライセンスを得て富士通が販売している。

 zSpaceの特徴は、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を用いるVRシステムと比べて、いわゆる“VR酔い”しづらいこと、操作がしやすいこと、偏光メガネが軽量であることだ。富士通が国内販売を始めて3年ほどだが、ガス会社の業務トレーニングや、セイコーミュージアムにおける時計のムーブメントの仕組み分かりやすく紹介する展示などに用いられている。「米国では、酔いづらいVRシステムとして教育分野で広く採用されている」(富士通の説明員)という。

「短絡体験」で失敗すると目の前で盛大に火花が散る

 危険教育用のVRコンテンツでは「高所作業体験」「交通整備体験」「短絡体験」という3種類のデモを披露した。VRコンテンツのコンセプト設計(シナリオ、絵コンテなど)は富士通デザインが、3Dデータをはじめコンテンツの作成はグリーが担当した。既に、携帯電話会社のインフラ整備業務のトレーニング向けなどに採用されている。

危険教育用VRコンテンツのデモ危険教育用VRコンテンツのデモ 危険教育用VRコンテンツのデモ(左)。設備のバッテリーを接続していくが、接続箇所を間違えて短絡させると目の前で盛大に火花が散る(右)(クリックで拡大)

 富士通デザインの説明員は「顧客の現場に実際に赴くなどして、そこで得た気付きなどを反映してコンセプト設計を行うことにより、実務に即したVRコンテンツを提供できている」と説明する。

 また、展示ではHTCの「VIVE」を用いていたが「富士通グループで独自にVRシステムを開発しており、今後はそれを活用する可能性もある」(同説明員)という。

関連キーワード

VR | 富士通 | トレーニング | GREE(グリー)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.