ニュース
» 2017年10月17日 13時00分 公開

3Dプリンタニュース:DMM.makeでHPのJet Fusion 3D採用、稼働は2017年10月中

日本HPの「HP Jet Fusion 3D 4200プリンティングソリューション」が、DMM.comが運営するものづくりプラットフォーム「DMM.make」の3D出力ソリューションとして採用された。DMM.comでは、2017年10月中に稼働を開始する。

[MONOist]

 日本HPは2017年10月4日、同社の「HP Jet Fusion 3D 4200プリンティングソリューション」が、DMM.comが運営するものづくりプラットフォーム「DMM.make」の3D出力ソリューションとして採用されたと発表した。DMM.comでは、同年10月中に稼働を開始する予定だ。

 日本HPの3Dプリンティングシステム「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」は、既存の3Dプリンティングによる造形方式に比べ、最大10倍の造形速度と2分の1のコストで高品質な3Dパーツを生産できる。

 今回、DMM.comが採用したHP Jet Fusion 3D 4200プリンティングソリューションは、プロトタイプ試作や小ロット製品の製造に対応できる。導入にあたっては、同ソリューションの造形スピードや材料の再利用率の高さが評価された。

photo

関連キーワード

HP | DMM.make | 3Dプリンタニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.