ニュース
» 2017年10月19日 07時00分 公開

工場ニュース:自動車ボディーフレーム製造システムの評価設備が完成

住友重機械工業は、自動車ボディーフレームの製造システム「STAF」の評価設備が完成したと発表した。STAFはフランジをフレームと一体で成形でき、従来の構造と比較して約30%の軽量化が可能になる。

[MONOist]

 住友重機械工業は2017年9月21日、自動車ボディーフレームの製造システム「STAF」の評価設備が完成したと発表した。

 STAF(Steel Tube Air Forming)は、鋼管をプレス機の金型にセットし、通電加熱・高圧空気注入・成形・焼き入れの工程で成形加工するシステムだ。フレーム組み立てに必要なフランジ(つば状の部品)をフレームと一体で成形でき、後工程でのフランジの溶接が不要になるため、フレーム剛性の向上や工程の簡略化が可能になる。また、フレーム剛性を高めることで材料を薄くでき、従来の構造と比較して約30%の軽量効果が得られる。

 既に、車体部品への適用に向けて自動車メーカーと検討を開始しており、2018年度には車体部品適用化を、2024年には100億円の売り上げを目指す。

photo 「STAF」評価設備竣工式の様子
photo 評価設備のイメージ
photo 製造工程のイメージ

関連キーワード

評価 | 自動車 | FA | 工場ニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.