ニュース
» 2017年10月19日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:次世代型「スマートコンビナート」の実証プロジェクトを開始

JSR、NTT、アクセンチュアの3社は、コンビナートに拠点を構える企業が連携して生産性や安全性向上を図る次世代型「スマートコンビナート」の実証プロジェクトをJSRの千葉工場で開始した。

[MONOist]

 JSR、日本電信電話(NTT)、アクセンチュアの3社は2017年9月28日、コンビナートに拠点を構える企業が連携して生産性/安全性向上を図る次世代型「スマートコンビナート」の実証プロジェクトをJSRの千葉工場(千葉県市原市)で開始したと発表した。熟練技能者の優れた技術やノウハウを、デジタル技術を使って再現する体制を構築、検証する。

 今回のプロジェクトでは、熟練技能者が千葉工場の化学製品の生産プロセスで行っているプラント運転管理や保全業務について、映像や音声などの非定型のデータをセンサーと無線で自動収集し、分散制御システムなど機械設備からのデータと組み合わせて分析できる基盤を構築する。また、機械学習アルゴリズムに基づいた適切な判断をリアルタイムに提示するソリューションも開発し、次世代型の「スマートコンビナート」に求められる機能や基盤の実証を行う。

 このプロジェクトにおいて、JSRは運転管理や保全業務に関する知見を、NTTはNTTグループのAI(人工知能)技術「corevo」などの技術を、アクセンチュアはアナリティクスや産業用IoT(モノのインターネット)領域でのノウハウ、国内外の化学業界の業務実績を活用。3社の強みを融合させて実証に取り組む。

 化学業界では、経済産業省が中心になり、IoTを活用したスーパー認定事業所(長期連続稼働)の取り組みが始まっている。一方で、熟練技能者の引退に伴う現場力低下が懸念され、課題解決のためのデジタル技術は防爆対応などのために導入が遅れている。こうした状況を踏まえて3社は、化学業界におけるデジタル技術の有用性を評価/検証し、工場の安全性や生産性の向上に役立つデータを有機的に連携させる「スマートコンビナート」の実現を目指す。

photo 実証を行うJSRの千葉工場

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.