ニュース
» 2017年10月19日 10時00分 公開

組み込み開発ニュース:東京エレクトロン デバイスがQNXを販売、BlackBerryと代理店契約を締結

東京エレクトロン デバイスは、カナダのBlackBerryと販売代理店契約を締結した。BlackBerryの組み込みプラットフォーム「QNX Software Development Platform(SDP)7.0」を日本の製造業向けに提供する。

[MONOist]

 東京エレクトロン デバイスは2017年9月29日、カナダのBlackBerryと販売代理店契約を締結したと発表した。BlackBerryの組み込みプラットフォーム「QNX Software Development Platform(SDP)7.0」を日本の製造業向けに提供する。

 QNX SDP 7.0は、QNX技術を基盤とした64ビットOS。医療機器や手術用ロボット、産業用コントローラ、高速鉄道のセーフティアプリケーションなどにおいて、セキュリティとパフォーマンスを向上する。

 ARMv8とIntel x86-64アーキテクチャをサポートし、高いセキュリティ技術を組み込んだポリシー中心のセキュリティモデルを実装している。一般産業機器向け機能安全規格「IEC 61508 SIL 3」の認証を取得し、医療機器のソフトウェア開発と保守に関する安全規格「IEC 62304」に準拠した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.