ニュース
» 2017年10月20日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:化学業界向けAI・IoTサービスの構築検討で協業

スカイディスクとAJSは、総合化学関連業界向けAI・IoTサービス構築検討のための業務に関する基本合意書を締結した。スカイディスクのクラウドで利用できるAI分析サービス「SkyAI」を活用する。

[MONOist]

 スカイディスクとAJSは2017年10月5日、総合化学関連業界向けAI(人工知能)およびoT(モノのインターネット)サービス構築検討のため、企画、研究、開発、設計業務に関する基本合意書を締結したと発表した。スカイディスクのクラウドで利用できるAI分析サービス「SkyAI(スカイエーアイ)」を活用する。

 SkyAIは、IoTセンサーで収集したデータからAI学習モデルを生成し、正常異常判定や予測などの結果を表示するサービス。IoTデータ分析に適した解析手法として、パターン認識(SVMモデル)、予測分析(回帰モデル)、画像認識(ディープラーニングモデル)、特徴量分析(ランダムフォレストモデル)、クラスタ分析(k-meansモデル)の5種を持っている。これらの組み合わせにより、故障の予兆の検知、熟練技術者の知見や意思決定プロセスのデータ化、異常検知時のアラート、油切れやすべり軸受の傷といった具体的な内容の検知などを可能にする。

 TISインテックグループのAJSは、元旭化成のグループ会社として同グループのIT領域を担当。現在は化学分野に加え、繊維、住宅、エレクトロニクス、医療分野などさまざまな製造現場にICTサービスを提供している。顧客のデジタル経営の進化を図るため、時系列予測やクラスタ分析など製造業に必要なビッグデータ解析やAIの活用を検討している。この中で、クラウドで利用可能なSkyAIを活用した業務改善や生産性向上のサービスモデル構築を進めることとなった。

 両社は今後、農業やバイオ分野において、両社の知見を組み合わせたIoT活用を計画している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.