ニュース
» 2017年10月23日 07時00分 公開

工場ニュース:FA機器生産工場を2倍に拡張、中国の需要増加に対応

三菱電機は、中国江蘇省常熟市を拠点にFA機器を生産する、三菱電機自動化機器製造(常熟)の第二工場を拡張する。FA機器の生産体制を強化し、活発化する工場の自動化と省力化などに伴う需要拡大に対応する。

[MONOist]

 三菱電機は2017年9月27日、中国江蘇省常熟市を拠点にFA機器を生産する、三菱電機自動化機器製造(常熟)の第二工場を拡張すると発表した。拡張面積は従来の2倍となる約1万500m2で、投資額は約30億円。2018年10月から稼働を開始する予定だ。

 拡張する第二工場は、鉄筋コンクリート造りの地上2階建てで、「e-F@ctory」を活用したエネルギー管理システムやLED照明を導入し、環境および省エネ対策を講じる。主に、サーボモーターをはじめとするFA機器を生産する。

 中国では近年、工場の自動化や省力化に加え、「中国製造2025」などの知能化、IoT(モノのインターネット)化を進める国家プロジェクトや産業振興策による投資が活発化し、FA機器の需要が拡大している。三菱電機では、2017年4月に稼働した第二工場を拡大することでFA機器の生産体制を強化し、需要の高まりに対応する。

 また、2017年7月に常熟市内に開設された「常熟グリーン智能製造技術イノベーションセンター」とともに、FA統合ソリューションを適用したモデル工場として次世代ものづくりの活用事例を紹介し、中国でのe-F@ctory導入拡大を目指す。

photo 第二工場のイメージ

関連キーワード

FA | 工場 | 中国 | 三菱電機 | IoT | 工場ニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.