ニュース
» 2017年10月25日 14時00分 公開

ベンチャーニュース:新たな価値や技術創出に向け、福岡に共創の場を開設

パナソニックは、共創によって新たな価値や商品、技術を創出することを目的とした施設「Panasonic Laboratory Fukuoka」を開設した。

[MONOist]

 パナソニックは2017年10月3日、共創によって新たな価値や商品、技術を創出することを目的とした施設「Panasonic Laboratory Fukuoka」(PLF)を、開設すると発表した。

 PLFは、同社の福岡事業場構内(福岡市博多区)に開設。延床面積は合計約350m2(約106坪)だ。同様の目的で既に開設されている大阪の「Wonder LAB Osaka」、東京の「Panasonic Laboratory Tokyo」に続く国内3拠点目の施設となる。

 PLFは「人と人、技術と技術、想いと想いが入り交じり、新しい価値に織り上げる“織りなすラボ”」をコンセプトとし、福岡発の新しい価値や商品、技術の創出を目指して活動を進める。

 施設内には、必要な機材が気軽に使える「試作室」や、小さなテーブルを組み替えてさまざまな用途に使える「スターテーブル」、最新技術や製品の展示などに活用できる「ブックシェルフ」、その他ミーティングスペースやカフェカウンター、ラウンジなどが用意されている。

photo 施設全体イメージ図
photo ラウンジとアトリエ全景
photo ラウンジ
photo 試作室

関連キーワード

パナソニック | 製造業 | ベンチャー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.