ニュース
» 2017年10月25日 11時00分 公開

ロボット開発ニュース:ロボットスキンに応用可能な触覚動作を認識するセンサーシステム

NEDOとJAPERAは、高精細/高感度な圧力センサーと、これをロボット・スキンに応用するシステムを開発した。なでる、たたく、もむなどのさまざまな触覚動作をロボットに認識させることができる。

[MONOist]

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と次世代プリンテッドエレクトロニクス技術研究組合(JAPERA)は2017年10月2日、高精細/高感度な圧力センサーと、これをロボットスキンに応用するシステムを開発したと発表した。同システムにより、なでる、たたく、もむなどのさまざまな触覚動作をロボットに認識させることができ、ロボットをヒトと同じ感覚を持つように反応させることができる。

ロボットスキンをヒト型ロボットに搭載したシステムのイメージ ロボットスキンをヒト型ロボットに搭載したシステムのイメージ 出典:NEDO

 同システムに用いられる圧力センサーシートは、JAPERAがNEDOの「次世代プリンテッドエレクトロニクス材料・プロセス基盤技術開発」プロジェクトにおいて開発したもの。センシングする各点にスイッチングトランジスタを持つアクティブマトリックス方式を採用し、従来のパッシブマトリックス方式に比べ、センシングする点の密度を高くしても高い階調数を保つことができ、高精細化と高感度化が可能になる。

 このアクティブマトリックスの有機薄膜トランジスタは、柔らかなフィルム上に全て印刷プロセスで形成でき、柔らかく面状のセンサーを形成できる。印刷プロセスは、真空プロセスを必要とするフォト・リソプロセスに比べて大幅なプロセス簡略化が期待でき、また、製造施設の省スペース化や使用材料の省資源化が可能となる。材料塗り分けによる多機能化も期待でき、その1つとして同年2月に発表した圧力/温度同時検出シートセンサーの技術による温感の付与も検討しているという。

 今回開発した圧力センサーシートはフレキシブルフィルム上に構成したものだが、今後基材フィルムをストレッチャブル素材に替えることで、さまざまな3次元曲面への対応やメディカル用途での応用が期待される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.