ニュース
» 2017年10月26日 14時00分 公開

製造マネジメントニュース:2019年3月末に蛍光灯照明器具の生産を終了

パナソニック エコソリューションズ社は、蛍光灯照明器具の生産を2019年3月末で終了すると発表した。今後、省エネ性能が高くかつ長寿命であるLED照明器具への移行を推進する。

[MONOist]

 パナソニック エコソリューションズ社は2017年10月2日、蛍光灯照明器具の生産を2019年3月末で終了すると発表した。今後、省エネ性能が高くかつ長寿命であるLED照明器具への移行を推進する。

 蛍光灯照明器具の生産終了は、LEDなど高効率照明の普及を促進する政府の「新成長戦略」「エネルギー基本計画」と、これらと方針を同じくする日本照明工業会の「照明成長戦略2020」の目標に基づくものだ。

 同社は、1952年にプル式蛍光灯照明器具の生産を開始。以来、蛍光灯照明器具の生産、販売を続けてきた。今後は、まず2018年4月末に、黒板灯など用途別照明器具の一部、階段通路誘導灯を含む非常用照明器具(電池内蔵型)の一部、非常用ダウンライトの約70品番について生産を終了する。そして2019年3月末に、富士型、笠付、笠なし、埋め込み型や防湿型、防雨型の照明器具、非常用照明器具の約120品番の生産を終了。これにより、全分野の蛍光灯照明器具の生産を終了する。

 なお、メンテナンス用蛍光ランプの製造は継続し、補修用性能部品については、生産終了後も最低6年間保有する。

photo 一体型LEDベースライト「ID」シリーズ
photo 2019年3月末に生産終了予定の施設用蛍光灯照明器具(一例)
photo 1952年発売のプル式蛍光灯照明器具

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.