第45回東京モーターショー2017 特集
ニュース
» 2017年10月26日 08時00分 公開

東京モーターショー 2017:クルマづくり100周年の三菱自動車、「e-EVOLUTIONコンセプト」で新しい価値示す

三菱自動車は「第45回東京モーターショー 2017」において、新世代ハイパフォーマンスEV(電気自動車)のコンセプトカー「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT(e-EVOLUTIONコンセプト)」を初公開した。

[朴尚洙,MONOist]

 三菱自動車は2017年10月25日、「第45回東京モーターショー 2017」(プレスデー:10月25〜26日、一般公開日:10月28日〜11月5日)のプレスブリーフィングにおいて、新世代ハイパフォーマンスEV(電気自動車)のコンセプトカー「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT(以下、e-EVOLUTIONコンセプト)」を初公開した。

「e-EVOLUTIONコンセプト」と三菱自動車の益子修氏(左)と山下光彦氏(右) 「e-EVOLUTIONコンセプト」と三菱自動車の益子修氏(左)と山下光彦氏(右)(クリックで拡大)
「e-EVOLUTIONコンセプト」の外観「e-EVOLUTIONコンセプト」の外観「e-EVOLUTIONコンセプト」の外観 「e-EVOLUTIONコンセプト」の外観(クリックで拡大)

 三菱自動車のクルマづくりは、1917年に国内初の量産乗用車「三菱A型」を試作してから100周年を迎える。プレスブリーフィングに登壇した三菱自動車 取締役 CEOの益子修氏は「新しい時代の到来に向けて、新たなブランドメッセージ“Drive your Ambition”を策定した。これからも技術を磨いて『新しい価値』を提供していきたい」と語る。

 この“Drive your Ambition”を体現するe-EVOLUTIONコンセプトは「SUVの新しい価値」「EVの新しい価値」「システムとしての新しい価値」という、3つの「新しい価値」を表すテクニカルコンセプトになる。今やSUV全盛時代だが、業界に先駆けて取り組んできたのが三菱自動車だ。EVやPHEV(プラグインハイブリッド車)についても、「i-MiEV」や「アウトランダーPHEV」により先駆者としての地位を確立している。

 e-EVOLUTIONコンセプトは、さらなる新たな価値を生み出すため、高出力の3モーターによる四輪駆動、大容量バッテリー、電動ブレーキキャリパーを採用。そして車載AI(人工知能)による運転支援も可能になっている。

 同社取締役 副社長執行役員(開発、品質担当) CPLOの山下光彦氏は「今後はコアモデルを中心に電動化を進める。PHEVを中心に、EVやシリーズハイブリッドなどに広げていきたい」と述べている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.