第45回東京モーターショー2017 特集
ニュース
» 2017年10月27日 06時00分 公開

東京モーターショー 2017:ブリヂストンが技術センター拡充に300億円を投資、試作から走行テストまで迅速に

ブリヂストンは「第45回東京モーターショー 2017」において、東京都小平市の同社技術センターに300億円を投資して、イノベーションを加速させることを発表した。

[齊藤由希,MONOist]
写真左からブリヂストンの田村康之氏と同社 常務執行役員 製品開発管掌の高木光治氏(クリックして拡大)

 月曜日に思い付いたタイヤのアイデアを、週末にテストコースで試せる環境に――。ブリヂストンは「第45回東京モーターショー 2017」(プレスデー:10月25〜26日、一般公開日:10月28日〜11月5日)において、東京都小平市の同社技術センターに300億円を投資して、イノベーションを加速させることを発表した。

 技術センターの拡充は、グローバル研究開発体制の整備の一環で2015年から進めている。今回の投資では、同センターの敷地内にアイデアを素早く形にして検証できるラボや試作施設、テストコースを設ける。2018年12月から新施設の建設工事を開始し、2020年の完成を予定している。

 今回の投資により、4つの施設を新設する。1つは「イノベーションセンター」で、研究者やエンジニアが新しいアイデアや構想を出しあい、従来技術とデジタル技術を融合して新材料や技術を創造していく。2つ目は試作施設「Rapid Proto」で、イノベーションセンターで生み出された技術や材料を少量かつ短期間で具現化する役割を担う。

 具現化した材料や技術は、「先進評価ラボ」や「ミニプルービンググラウンド」で検証する。先進評価ラボは、さまざまな環境や路面状況を再現する室内評価設備を置く。部品単体から車両全体での複合評価まで行う。シミュレーション技術も駆使する。

路面の状況に応じてパターンや材質を変更したり、パンクした時に自己修復したりできるタイヤを開発したいと夢を語る、PSタイヤ開発第1部 構造設計第3ユニットの三好茜氏。今回の投資によって、夢やアイデアを出すことは重要。いち早くアイデアを試作して確かめ、さらにアイデアを生んでいくようなサイクルで研究開発を進められる環境を整備する(クリックして拡大)

 ミニプルービンググラウンドは、開発者自ら運転し、アイデアの実車評価やコンセプトの検証を行うために設ける。「シミュレーション技術が進化して机上での計算が可能になっても、人間がどう感じるか、感性のところは確かめられない。自分の身体で確認する必要がある」(ブリヂストン 技術戦略本部長の田村康之氏)。取引先や大学など社外からの意見を集める場としても活用する。

 ブリヂストンは、創業時の地下足袋に始まり、電気自動車向けに採用された狭幅大径の次世代低燃費タイヤ「ologic(オロジック)」や、タイヤがセンサーとなって路面の状態を判定する技術「CAIS(カイズ)」、空気の充填(じゅうてん)が不要なタイヤ「エアフリーコンセプト」などイノベーションを生み出してきた。自動車業界が、100年に一度といわれる大きな変化に置かれている中でも、今後50年も継続して価値を提供できる企業であることを目指す。

エアフリーコンセプトのタイヤを装着した自転車(クリックして拡大)
タイヤがセンサーとなって路面の状態を判定する技術「CAIS」(左)。狭幅大径の次世代低燃費タイヤ「ologic」(右)(クリックして拡大)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.