第45回東京モーターショー2017 特集
ニュース
» 2017年10月27日 06時00分 公開

東京モーターショー 2017:ダイハツ版TNGAの「DNGA」には「自動運転や電動化の要素も入る」

ダイハツ工業は「第45回東京モーターショー 2017」のプレスブリーフィングにおいて、ダイハツ版TNGAといわれる開発コンセプト「DNGA」に基づく4台のコンセプトカーを初公開した。

[朴尚洙,MONOist]
「DN PRO CARGO」とダイハツ工業の奥平総一郎氏 「DN PRO CARGO」とダイハツ工業の奥平総一郎氏(クリックで拡大)

 ダイハツ工業は2017年10月25日、「第45回東京モーターショー 2017」(プレスデー:10月25〜26日、一般公開日:10月28日〜11月5日)のプレスブリーフィングにおいて、新たな開発コンセプト「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」に基づく4台のコンセプトカーを初公開した。

 プレスブリーフィングには、2017年6月に同社の社長に就任した奥平総一郎氏が登壇し、同年3月に発表したグループスローガン「Light you up」や、DNGAの方向性について説明した。奥平氏は「先進技術をみんなのものにして行くのがDNGAの考え方であり、自動運転や電動化の要素も入っている。安全分野では、運転支援システムの『スマートアシスト』をさらに進化させて行き、将来的には自身での運転が困難な高齢者が1人でも移動できるクルマを提供していく。また環境分野では、EV(電気自動車)やHEV(ハイブリッド車)の開発に取り組んでいる。日常生活に密着したスモールカーにこそ、どこでも充電できてメンテナンスしやすいEVはマッチする。バッテリーの価格や大きさなど課題は多いが、ダイハツの優れたパッケージ技術などを活用して解決していきたい」と意気込む。

 世界初公開になるのは軽商用車タイプのEV「DN PRO CARGO(ディーエヌ プロカーゴ)」、コンパクト4ドアクーペ「DN COMPAGNO(ディーエヌ コンパーノ)」、コンパクトSUV「DN TREC(ディーエヌ トレック)」、モアスペース系軽自動車「DN U-SPACE(ディーエヌ ユースペース)」の4台。これらの他、2017年8月の「インドネシア国際オートショー2017」で披露した3列シートMPV「DN MULTISIX」も紹介した。

「DN PRO CARGO」の外観「DN PRO CARGO」の外観「DN PRO CARGO」の外観 「DN PRO CARGO」の外観(クリックで拡大)
「DN COMPAGNO」の外観「DN COMPAGNO」の外観 「DN COMPAGNO」の外観(クリックで拡大)
「DN TREC」の外観「DN TREC」の外観「DN TREC」の外観 「DN TREC」の外観(クリックで拡大)
「DN U-SPACE」の外観「DN U-SPACE」の外観「DN U-SPACE」の外観 「DN U-SPACE」の外観(クリックで拡大)
「DN MULTISIX」の外観「DN MULTISIX」の外観「DN MULTISIX」の外観 「DN MULTISIX」の外観(クリックで拡大)

 なお、DN PRO CARGOが「1957年発売の三輪自動車『ミゼット』の使いやすさを継承」(奥平氏)、DN COMPAGNOが「1968年発売の4ドアクーペ『コンパーノ』のコンパクトながらスタイリッシュなデザイン思想を継承」(同氏)しているなど、ダイハツ工業を代表する車両が持つDNAをDNGAに組み入れていくことになりそうだ。

「DN PRO CARGO」の横には「ミゼット」「DN COMPAGNO」の横には「コンパーノ」 「DN PRO CARGO」の横には「ミゼット」(左)、「DN COMPAGNO」の横には「コンパーノ」が展示されていた(クリックで拡大)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.