第45回東京モーターショー2017 特集
ニュース
» 2017年10月27日 07時00分 公開

東京モーターショー 2017:電動化に舵を切るホンダは“らしさ”を発揮できるのか

ホンダは「第45回東京モーターショー 2017」において、次世代のコンパクトスポーツカーを目指した電気自動車「Honda Sports EV Concept」を世界初披露した。ロー&ワイドなスタイルを持ち、人とクルマが1つとなったような操る喜びを提供するという。

[松本貴志,MONOist]

 ホンダは2017年10月25日、「第45回東京モーターショー 2017」(プレスデー:10月25〜26日、一般公開日:10月28日〜11月5日)のプレスブリーフィングにおいて、次世代のコンパクトスポーツカーを目指した電気自動車「Honda Sports EV Concept」を世界初披露した。

「Honda Sports EV Concept」の外観(クリックで拡大)
Honda Sports EV Conceptは車両のフロント、リア部にディスプレイが設置されており、車両の状態やメッセージなどが表示できる(クリックで拡大)

 ホンダは2030年までに、販売する自動車の3分の2を電動化する方針で、Honda Sports EV Conceptは、その具現化に向けたEVスポーツカータイプのコンセプトモデルとなる。ロー&ワイドなコンパクトボディーと高い運動性能を併せ持ち、AI(人工知能)技術「Honda Automated Network Assistant」を組み合わせることによって、人とクルマが1つとなったような操る喜びを提供するという。

 日本初披露となった「Honda Urban EV Concept」は、都市内の移動に適したシティーコミューターの役割を担うコンセプトモデルだ。愛着を感じさせるコンパクトなエクステリアと広々としたモダンで心地よい空間を両立する。Honda Urban EV Conceptをベースにしたモデルは欧州向けに2019年に発売後、日本市場では2020年に投入する予定だという。

「Honda Urban EV Concept」の外観(クリックで拡大)

 その他、プレスブリーフィングでは、同社代表取締役 社長の八郷隆弘氏が「(国内市場向けラインアップに)軽自動車やミニバンが多く、ホンダらしいクルマが少なくなったといわれている」と自社のブランディングの現状に触れた。

 「グローバルで通用する強いモデルがあることも知っていただきたい」(八郷氏)と、世界戦略車である「シビック」「CR-V」「レジェンド」はグローバルマーケットで好評を得ていることに言及した。CR-Vとレジェンドは2018年に新モデルを国内市場に投入する計画だ。「日本のホンダをもっと元気に輝かせたい」(八郷氏)と抱負を語った。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.