ニュース
» 2017年10月31日 12時00分 公開

製造マネジメント メルマガ 編集後記:国産有機ELディスプレイ、それはうたかたの夢か

何回かイケると思った時はあったのですが。

[朴尚洙,MONOist]

 この記事は、2017年10月31日発行の「製造マネジメント メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。


国産有機ELディスプレイ、それはうたかたの夢か

JOLEDがサンプル出荷を始めた印刷式有機ELパネル JOLEDがサンプル出荷を始めた印刷式有機ELパネル(クリックで拡大)

 間もなく発売される「iPhone X」が採用したこともあって、有機ELディスプレイに注目が集まっています。IHSマークイットが2017年10月24日に発表した、有機ELディスプレイの生産能力予測では、2017年の1190万m2から2022年には4倍以上の5010万m2に増加するとのことです。また、薄型ディスプレイの市場(金額)全体で見ると、2017年時点では液晶ディスプレイが80%、有機ELディスプレイが19%ですが、2022年には液晶ディスプレイが61%、有機ELディスプレイが39%となるそうです。

 この急激な成長の原動力になるのが、何を隠そうiPhone Xなのです。IHSマークイットはiPhone向け薄型ディスプレイの出荷数量も予測していますが、iPhone Xの発売時期に当たる2017年10〜12月期は全体の半分以上を有機ELディスプレイが占めています。「2018年のスマートフォン向け有機ELディスプレイ市場をけん引するのはiPhone Xになるのは確実。ただし、3Dセンサーの歩留まりの問題でiPhone Xの出荷数量が伸びていないことや、顔認証という特殊な操作性を含めて、iPhone Xの売れ行きによって、有機ELディスプレイ市場は相当“暴れる”だろう」(IHSマークイットTechnology シニアディレクターの早瀬宏氏)とのことです。

 現在、有機ELディスプレイを供給している主なメーカーは、Samsung Display(以下、サムスン)とLG Display(以下、LG)です。サムスンはスマートフォン向けなどの中小型、LGはテレビ向けなど大型を主力製品にしています。そして、これら2大韓国メーカーに挑もうとしているのは、BOEやVisinoxやEver Disiplayといった中国メーカーです。IHSマークイットの説明には、日本のシャープやジャパンディスプレイ(JDI)、JDI子会社のJOLEDの名前はほとんど出てきませんでした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.