ニュース
» 2017年11月01日 15時00分 公開

医療機器ニュース:ワイヤレス通信対応の補聴器開発を容易にする開発ツールキット

米オン・セミコンダクターは、補聴器の開発を支援する開発ツールキット「Ezairo Pre Suite」を発表した。最初の対応製品として、ワイヤレス通信対応のハイブリッドモジュール「Ezairo 7150 SL」をサポートした。

[MONOist]

 米オン・セミコンダクターは2017年10月18日(現地時間)、同社のデジタル信号プロセッサ(DSP)「Ezairo 7100」をベースとしたデバイス向けに、補聴器の開発を支援する開発ツールキット「Ezairo Pre Suite」を発表した。補聴器メーカー向けのソフトウェア開発キット(SDK)、ワイヤレス通信対応ファームウェア、開発ソフトウェアなどを備えている。

 その最初の対応製品として、ワイヤレス通信対応のハイブリッドモジュール「Ezairo 7150 SL」をサポート。ワイヤレス通信に対応した補聴器開発に適したファームウェアを搭載しており、次世代の補聴器の迅速な開発を支援する。

 また、ワイド・ダイナミック・レンジ・コンプレッション、適応ノイズ・リダクション、指向性マイクのサポート、アコースティック・フィードバック・キャンセルなど、補聴器に必要となる機能も備えた。

 同社は、Ezairoベースのファームウェア向けにWindowsベースのソフトウェア・パッケージを提供しており、ニーズに合わせてファームウェアを変更できる。同パッケージには、iOSやAndroidをサポートするクロスプラットフォームのソフトウェア開発キットも含まれ、ユーザーがスマートフォンを介してデバイスを調整可能になる。これにより、従来は耳鼻咽喉科で補聴器をカスタマイズする必要があったが、店頭でも補聴器の調整が可能になるとしている。

photo ワイヤレス通信対応のハイブリッドモジュール「Ezairo 7150 SL」 出典:オン・セミコンダクター

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.