連載
» 2017年11月02日 14時00分 公開

海外医療技術トレンド(29):「WannaCry」に襲われた英国の地域医療連携システム、そこから何を学べるのか (1/3)

2017年10月に発生したランサムウェア「WannaCry」によるサイバー攻撃。被害事例として真っ先に挙げられたのが英国の医療機関だ。病院単体にとどまらず、地域医療連携システムにも影響が出た。そのとき、どのように対処し、今後のどのような対策を取ろうとしているのだろうか。

[笹原英司,MONOist]

 本連載第11回で、医療機関における大規模サイバー攻撃被害を取り上げたが、セキュリティリスクは、病院単体から地域医療連携システム全体へと拡大している。今回は、英国の事例を取り上げる。

デジタル化で英国の公的医療制度を支えるNHS

 英国の国民保健サービス(NHS)は、一般税や国民保険を主財源とする公的医療制度である。組織としては、いわゆるかかりつけ医(GP:General Practitioner)を中核とするプライマリーケアと、病院を統括し、地域医療サービスの運営を担うNHSトラストを中核とするセカンダリーケアに大別される。地域的には、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド、その他の諸島に分けられて運営されている。

 保健省傘下で、NHS全体の保健・医療システムを統括管理するのが、NHSデジタル(旧保健・社会医療情報センター(HSCIC))であり、「NHSデジタルデータ・情報戦略」(2016年11月、関連情報)に基づき図1のような役割を担っている。

図1 図1 NHSデジタルの役割(2016年11月)(クリックで拡大) 出典:NHS Digital「NHS Digital data and information strategy」(2016年11月)

 市民中心の視点から、地域に分散するNHS傘下の保健・医療施設を、共有アーキテクチャ・標準化、データライフサイクル管理、セキュリティ/プライバシー対策など、ICTで統括的に支援する点が、NHSデジタルの特徴だ。

 NHSデジタルは、ネットワークやインフラストラクチャのクラウド化に取組む一方、病院や地域の医療サービスの運営母体であるNHSトラストにおけるクラウド化、AI(人工知能)利用など、新技術導入も積極的に支援している。例えば、NHSイングランド傘下の医療機関では、以下のような導入事例がある。

 なお、サイバーセキュリティ/データ保護対策に関しては、NHSデジタル傘下のデータセキュリティセンターが統括管理しており、以下のような役割を担っている。

  • ITシステムやネットワークに対するセキュリティ脅威をモニタリングし、防御/インシデント管理を通して、組織がこれらの脅威に対応するのを支援する
  • システム全体に渡るセキュリティインシデントに対して、国家的な対応を提供する
  • 情報セキュリティ/コンサルティングを提供し、システム設計/開発におけるセキュリティ課題で支援する
  • 保健/医療セクターのITセキュリティに関する標準規格を設定し、レビューする
  • 保健/医療で働く人々のために、指針やアドバイスを提供する
  • ナショナルデータガーディアンによるデータセキュリティ、コンセント、オプトアウトのレビューへの政府の対応に従って、サービスの選択を修正し、開発する

 インシデント対応・情報共有機能を担うCareCERT(Care Computing Emergency Response Team)の運営もデータセキュリティセンターが行っている(関連情報)。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.