ニュース
» 2017年11月06日 12時00分 公開

FAメルマガ 編集後記:製造現場で広がるAIと人の協力、役割分担はどこに?

人間が得意なところ、機械が得意なところの境界線が少し変わるというだけの現象です。

[三島一孝,MONOist]

 この記事は、2017年11月6日発行の「FA メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。


製造現場で広がるAIと人の協力、役割分担はどこに?

 射出成形機などプラスチック製造の展示会である「国際プラスチックフェア2017」に取材に行ってきました。その中でファナックとPreferred Networks(PFN)が出展した、ディープラーニング(深層学習)を活用した射出成形機の予防保全技術が大きな注目を集めていました。

 ファナックとPFNは、シスコシステムズやロックウェルオートメーションなどと共同でIoTプラットフォーム「FIELD system」の開発や運用を進めていますが、それ以前に「機械学習(マシンラーニング)を活用した産業用ロボット技術の高度化」に向けた技術提携を実施。産業用ロボットで非常に難易度の高いバラ積みピックアップをディープラーニングでティーチングなしに実現する技術を開発し注目を集めました。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.