ニュース
» 2017年11月06日 07時00分 公開

工場ニュース:新工場建設でファインセラミック部品の生産能力を2倍に

京セラは、鹿児島県霧島市の国分工場に、新たに第4-1工場を建設すると発表した。同工場において、半導体や液晶製造装置用ファインセラミック部品の生産能力を約2倍に高め、データ処理の高速化や大容量化へのニーズに応える。

[MONOist]

 京セラは2017年10月18日、鹿児島県霧島市の国分工場に、新たに第4-1工場を建設すると発表した。投資総額は約56億円で、建築面積5561.88m2の鉄骨6階建て。操業開始は2018年10月の予定で、初年度の生産計画は約30億円だ。

 新たに建設する第4-1工場では、半導体や液晶製造装置用ファインセラミック部品の生産能力を約2倍に高める。

 近年、データ処理の高速化や大容量化へのニーズが高まっている。これを受けて、HDDからより高速のSSD(ソリッドステートドライブ)といった半導体メモリへの移行が進んでおり、半導体素子製造装置の需要も高まっている。また、スマートフォンやテレビ向けのFPD(フラットパネルディスプレイ)製造装置の需要も増加している。

 同社では、こうした市場要求の高まりに対応するため、ファインセラミック事業の強化を図る。

photo 第4-1工場完成予想図 出典:京セラ

関連キーワード

5S | 工場 | 製造装置 | 京セラ | FA | 工場ニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.