SCF2017 特集
ニュース
» 2017年11月07日 08時00分 公開

スマートファクトリー:三菱電機のFA-ITオープンプラットフォーム構想が「Edgecross」に、2018年春発売 (1/2)

アドバンテック、オムロン、NEC、日本IBM、日本オラクル、三菱電機の6社は、エッジコンピューティングのための基本ソフトウェア「Edgecross」を推進する「Edgecrossコンソーシアム」を設立する。同コンソーシアムの母体は、三菱電機が2017年3月に発表した「FA-ITオープンプラットフォーム」構想になる。

[朴尚洙,MONOist]

 アドバンテック、オムロン、NEC、日本IBM、日本オラクル、三菱電機の6社は2017年11月6日、東京都内で会見を開き、エッジコンピューティングのための基本ソフトウェア「Edgecross(エッジクロス)」の開発や仕様策定、普及を推進する「Edgecrossコンソーシアム」を設立することで合意したと発表した。「システムコントロールフェア(SCF)2017」(同年11月29日〜12月1日、東京ビッグサイト)の開催に合わせて設立する予定で、同展示会にも出展する。現時点では、コンソーシアムの幹事会社を務める会見に参加した6社を含める51社が賛同企業として名前を連ねている。

会見に出席した6社の代表者 左から、アドバンテック 社長兼日本地区最高責任者のマイク小池氏、オムロン 執行役員副社長 インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー社長の宮永裕氏、NEC 執行役員の松下裕氏、日本IBM 常務執行役員 事業開発 バリュー・クリエーション担当の松永達也氏、日本オラクル 執行役員 クラウドソリューション営業統括の竹爪慎治氏、三菱電機 常務執行役 FAシステム事業本部長の宮田芳和氏、Edgecrossコンソーシアムの顧問を務める東京大学 名誉教授の木村文彦氏(クリックで拡大)

 Edgecrossは、内閣府が提唱する「Society5.0」や経済産業省が推進する「Connected Industries」の実現に貢献するエッジコンピューティングの基本ソフトウェアになる。コンソーシアムの顧問を務める東京大学 名誉教授の木村文彦氏は「モノづくりの革命がICTを中心に進む中、サプライチェーンとエンジニアリングチェーンの融合も始まっている。そこで、価値の高いバリューチェーンを創出するにはIoT(モノのインターネット)の活用が不可欠だ」と語る。

 EdgecrossコンソーシアムがIoT活用のキーワードとするのがエッジコンピューティングだ。IoTの枠組みが、生産現場であるFAと、ITシステムのあるクラウドだけだとすると、生産現場でのリアルタイム応答が難しく、通信量も膨大なものになってしまう。そこで、データの一次処理を行うエッジコンピューティングが間に入ることで、これらの課題解決につながるとしている。「しかし、エッジコンピューティングのプラットフォームは単独の企業では実現できない。そこで、Edgecrossコンソーシアムでは、企業、産業の枠を超え、エッジコンピューティング領域を軸とした新たな付加価値創出を目指す」(木村氏)という。

IoT活用のキーワードはエッジコンピューティング IoT活用のキーワードはエッジコンピューティング(クリックで拡大) 出典:Edgecrossコンソーシアム
モノづくりを取り巻く環境でIoTを活用する際の課題エッジコンピューティングプラットフォームによって解決できる モノづくりを取り巻く環境でIoTを活用する際の課題(左)はエッジコンピューティングプラットフォームによって解決できる(クリックで拡大) 出典:Edgecrossコンソーシアム

 Edgecrossは当面、FAとITシステムの協調を実現するための基本ソフトウェアとして提供される。このため、生産現場で利用されている産業用PCに組み込んで使用するのが一般的な利用方法になる。Edgecrossを組み込めば、産業用PCとつながるフィールドネットワークなどからさまざまなデータの収集が可能になる。生産現場におけるリアルタイム診断とフィードバック、生産現場のモデル化、OPCやMQTTなどに対応することでFAとITシステムのシームレスな連携もできる。そして、Edgecrossのマーケットプレースからさまざまな用途のエッジアプリケーションの提供も予定されている。これらのアプリケーションは、ITシステムとの連携するものもあれば、エッジコンピューティングの領域だけで完結するものもある。

「Edgecross」の機能と概要 「Edgecross」の機能と概要(クリックで拡大) 出典:Edgecrossコンソーシアム

 なお、Edgecrossの仕様についてはコンソーシアムの会員企業にのみ公開される。エッジアプリケーションの開発は、コンソーシアムが提供する開発キットを使えば容易に開発できる。開発したアプリケーションが実際にEdgecrossで利用できるかの検証などを行うコンフォーマンスは、コンソーシアムが担当するとしている。

 EdgecrossコンソーシアムはSCF2017の後、2018年1月開催予定の「スマート工場EXPO」にも出展。2018年春にはEdgecrossを発売し、エッジアプリケーションのマーケットプレースの運用も始める計画だ。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.