ニュース
» 2017年11月08日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:IIoT向けのセキュアなデバイスライフサイクル管理プラットフォーム

ウインドリバーは、IIoT向けのセキュアなデバイスライフサイクル管理プラットフォーム「Wind River Helix Device Cloud」の最新版を発表した。

[MONOist]

 ウインドリバー(Wind River)は2017年10月3日(現地時間)、IIoT(Industrial Internet of Things)向けのセキュアなデバイスライフサイクル管理プラットフォーム「Wind River Helix Device Cloud」の最新版を発表した。

 同プラットフォームは、短時間での接続が可能で、優れた管理性を備えている。また、英Telitの基盤IoT(モノのインターネット)技術を活用したリモート監視や無線によるソフトウェア、ファームウェアのアップデート、アラートやルール、アップデートの展開、データ管理などのデバイス管理機能を持つ。

 実装オプションは多様で、パブリックやプライベート、ハイブリッドのクラウドに加えて、パブリッククラウドのリージョン指定にも対応する。

 さらに、新しいPythonエージェントを用いてデバイスを簡単に接続したり、さまざまなインテリジェントゲートウェイや異なるOSを搭載したデバイスの管理を簡素化できる。API拡張セットにより、デバイスデータやデバイスアプリケーションをビジネスプロセスやシステムで簡単にコンテキスト化できる。

 同プラットフォームは、Intel Secure Device Onboard(Intel SDO)にも統合されている。Device CloudとIntel SDOを組み合わせれば、デバイスのオンボーディングや管理、接続が容易になり、セキュリティの大規模な自動化に必要となる構築済みツールを入手できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.