第45回東京モーターショー2017 特集
ニュース
» 2017年11月09日 06時00分 公開

東京モーターショー 2017:高解像度と広視野角の両立に強み、オムロンの3Dライダー

「第45回東京モーターショー 2017」のオムロンブースでは、「ドライバー見守り車載センサー」や3D LiDARのデモに注目が集まった。

[松本貴志,MONOist]

 オムロンは「第45回東京モーターショー 2017」(プレスデー:2017年10月25〜26日、一般公開日:10月28日〜11月5日)で、3D LiDAR(Light Detection and Ranging、ライダー)や「ドライバー見守り車載センサー」のデモなど同社が展開する車載電装品を展示した。

オムロン オートモーティブエレクトロニクスの福本哲也氏

 オムロン オートモーティブエレクトロニクス 執行役員 開発統括室長の福本哲也氏は10月26日のプレスデーで、世界的にみると交通事故死亡者数は増加傾向にあると指摘。その上で「オムロンはこの社会課題について革新的な技術やサービスをもって取り組んでいく」と語り、自動運転やドライバーモニタリングなどに向けたオムロン独自の技術で、交通事故防止に貢献する姿勢を示した。

 同社のブースで注目を集めていた展示は、ドライバー見守り車載センサー(※1)のコックピット型デモンストレーションだ。ドライバー見守り車載センサーは、ドライバーが運転に集中できる状態かを車両側が判断できる「世界初」(オムロン)の技術で、ドライバーが運行の状況を注視しているか(Eyes ON/OFF)、ドライバーがどれだけ早く運転に復帰できるのか(Readiness High/Mid/Low)、ドライバーが運転席にいるか(Seating ON/OFF)の指標で判定しているという。

(※1)関連記事:深層学習で顔や目線の向きだけでなく行動内容も識別、オムロンのドライバー監視

ドライバー見守り車載センサーの特長と機能(クリックで拡大)

 また、同社ブースのもう1つの目玉であった3D LiDARのデモは、センサーの前に立ってさまざまなポージングをすることで、目の前に設置されたディスプレイに点群として読み取ったデータが表示されるものだった。同社の3D LiDARは、高解像度と広視野角を両立ししており、30m先にある、高さ10cm程度の縁石のような低背障害物も計測が可能だという。2020年の量産開始を目指す。

3D LiDARでモデルのポージングを検知するデモンストレーションの様子

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.