ニュース
» 2017年11月10日 06時00分 公開

車載情報機器:安全運転ならトヨタ車で保険料を割引、2018年夏発売の新型「クラウン」から広がる

トヨタ自動車とあいおいニッセイ同和損害保険は、毎月の安全運転の度合いを反映して、保険料のうち運転分保険料の最大80%を割り引くテレマティクス自動車保険を開発した。

[齊藤由希,MONOist]

 トヨタ自動車とあいおいニッセイ同和損害保険は2017年11月8日、毎月の安全運転の度合いを反映して、保険料のうち運転分保険料の最大80%を割り引くテレマティクス自動車保険を開発したと発表した。運転の挙動を反映した保険は「日本初」(トヨタ自動車、あいおいニッセイ同和損保)としている。2018年1月15日から販売を開始する。

 トヨタ自動車の「DCM(データコミュニケーションモジュール)」を搭載した車両が対象となる。トヨタブランドでは2018年夏に発売する「クラウン」から順次拡大し、レクサスブランドでは2018年1月以降に発売する新型車全車と既販モデルの一部が該当する。

 車両のさまざまな情報を自動送信するDCMと、情報を集めるトヨタスマートセンターを活用し、事故を起こさないユーザーへの付加価値を提供していくことを目的に開発した。具体的には、速度超過や急な加減速といった運転特性と走行距離に応じて保険料の割引を適用させる。

走行情報を保険に反映させる仕組み(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 ノンフリート等級や契約条件による加入制限は設けていない。トヨタ自動車のコネクテッドカーを所有する個人ユーザーが、安全運転によるインセンティブを受け取ることが可能になる。

 基本保険料と運転分保険料で構成される保険料のうち、安全運転スコアに合わせて割引なし、40%引き、80%引きが適用される。10等級、事故有係数適用期間0年、26歳以上補償等、年間走行距離8000kmの契約条件での例では、運転分保険料が割引なしの場合1万2000円だが、80%引きを受ければ2400円に抑えられる。保険料全体に対する割引率は年間走行距離によって異なり、年間8000kmであれば、約9%の割引となる。

保険料割引のイメージ(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 保険料の割引以外にも、安全運転スコアや運転のアドバイス、走行履歴から危険運転の発生場所を振り返るマップ、空気圧や電子キーの電池残量の確認といったサービスを提供する。

 さらに、事故などで衝突を検知すると、保険会社の自動通報受信デスクと自動で連携し、安否確認した上でレッカー、救急や警察の手配も行う。トヨタ車やレクサス車のオペレーターサービスとあいおいニッセイ同和損保の専用窓口の連携も図る。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.