特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2017年11月10日 10時00分 公開

VRニュース:デジタルとフィジカルの深い断絶をつなぐAR、空間認識技術でマーカー不要に (1/2)

PTCジャパンは、米国本社CEOのジェームズ・E・ヘプルマン氏の来日に合わせて記者会見を開催。ヘプルマン氏は「2D画面上のデジタル情報と、3Dの物理的(フィジカルな)現実の間には深い断絶がある。これをつなぐのがARだ」と述べ、デジタル革新ではIoTに加えて、ARが重要な役割を果たすと訴えた。

[朴尚洙,MONOist]
PTCのジェームズ・E・ヘプルマン氏 PTCのジェームズ・E・ヘプルマン氏

 PTCジャパンは2017年11月9日、米国本社CEOのジェームズ・E・ヘプルマン氏の来日に合わせて、東京都内で記者会見を開催。ヘプルマン氏は「2D画面上のデジタル情報と、3Dの物理的(フィジカルな)現実の間には深い断絶がある。これをつなぐのがAR(拡張現実)だ」と述べ、デジタル革新ではIoT(モノのインターネット)に加えて、ARが重要な役割を果たすと訴えた。

 デジタル技術の役割が拡大する中で、生成されるデータの量は人間が処理する限界を超えつつある。そこでヘプルマン氏が指摘したのが、人間が抽象的なデジタル情報を理解し、それを物理世界に変換する際の大きな認知的負荷だ。例えば、自動車を運転する際に利用するカーナビゲーションの画面は2Dの地図だが、ドライバーが運転しているのは3Dの現実世界だ。「右折の経路案内があったとして、目の前にある交差点で曲がるのか、それとも次の交差点なのか迷う事は多い。しかし、目の前の道路上に曲がるべき交差点と方向がARで表示されれば、一切迷うことはない。このように、ARを用いることでデジタルとフィジカルを融合することが可能になる」(同氏)という、

デジタルとフィジカルの深い断絶 デジタルとフィジカルの深い断絶(クリックで拡大) 出典:PTCジャパン
カーナビゲーションを例にしたデジタルとフィジカルの断絶ARを使えばデジタルとフィジカルの融合が容易になる カーナビゲーションを例にしたデジタルとフィジカルの断絶(左)。ARを使えばデジタルとフィジカルの融合が容易になる(右)(クリックで拡大) 出典:PTCジャパン

 PTCは、2015年11月に買収したAR開発プラットフォーム「Vuforia」をIoTプラットフォームの「ThingWorx」に統合するなど、ARへの注力を続けている。ヘプルマン氏は、PTCが関わっているAR関連の活用事例を多数紹介した。

血管の位置を見えるようにするAccuveinの事例現場での作業指示とガイダンスを行うキャタピラーの事例製品開発に活用するフォードの事例 さまざまなAR関連の活用事例。血管の位置を見えるようにするAccuveinの事例(左)、現場での作業指示とガイダンスを行うキャタピラーの事例(中央)、製品開発に活用するフォードの事例(右)(クリックで拡大) 出典:PTCジャパン
工場でのオペレーションに利用するボッシュの事例物流倉庫でのピッキングに用いるDHLの事例住宅の庭などに設けるデッキや敷石などを視覚化するAZEKの事例 さまざまなAR関連の活用事例。工場でのオペレーションに利用するボッシュの事例(左)、物流倉庫でのピッキングに用いるDHLの事例、住宅の庭などに設けるデッキや敷石などを視覚化するAZEKの事例(右)(クリックで拡大) 出典:PTCジャパン

関連キーワード

IoT | 拡張現実 | VR


       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.