特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2017年11月10日 06時00分 公開

組み込み開発ニュース:爪で鍵を開ける世界が実現か、3Dプリントで作るスマートネイル

東芝デジタルソリューションズは、ユーザーイベント「TOSHIBA OPEN INNOVATION FAIR 2017」において、ネイルチップのミチと協力して実証事業を進めた「オープンネイル」の成果などを紹介した。

[三島一孝,MONOist]

 東芝デジタルソリューションズは、ユーザーイベント「TOSHIBA OPEN INNOVATION FAIR 2017」(2017年11月9〜10日)において、個人の指に最適なネイルチップ(つけ爪)を製作する「オープンネイル」の成果などを紹介した。

photo 「オープンネイル」によりNFC回路を組み込んだネイルチップ(クリックで拡大)

画像認識技術と3Dプリントで最適な“つけ爪”を

 「オープンネイル」は、もともと東芝デジタルソリューションズとネイルチップ受注販売を行うミチが協力して取り組んだ実証実験から開始。ユーザーの爪を画像認識技術により3Dデータとして取り込み、爪にフィットするネイルチップデータを作成。3Dプリンタにより造形する。3D関連技術についてはケイズデザインラボがコンサル支援を行った。実証は2017年5月に実施した。これらの実証結果を元に、ミチでは本格的に事業化する方針とし、2017年9月からは代理店などの募集を開始している。

 「オープンネイル」がユニークなのが、単純に指に最適なネイルチップを製作できるだけではなく、回路やデバイスなどを組み込むことで、IoTデバイスとしての機能なども実現することができる点である。

 会場では、ネイルチップにNFC(近距離無線通信)回路などを組み込み、爪でカギをロックしたり、開けたりするデモを行っていた。ビジネス化についてはまだまだ作りこまなければならない点も多いが、技術的には爪にさまざまな付加機能を持たせることも可能だとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.