ニュース
» 2017年11月14日 12時00分 公開

製造マネジメント メルマガ 編集後記:その「オープン」ってどういう意味ですか?

「オープン」って何かイメージのいい言葉ですよね。

[朴尚洙,MONOist]

 この記事は、2017年11月14日発行の「製造マネジメント メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。


その「オープン」ってどういう意味ですか?

 日本の製造業の欠点を挙げるときに「自前主義」「保守的」「スピード感がない」といった言葉をよく聞きます。現在、製造業のIoT(モノのインターネット)活用に注目が集まっていることもあってか、その欠点がよりフォーカスされやすくなっています。

 そして、これらの欠点をあらためたことをアピールするために最近よく聞くようになった言葉が「オープン」です。他にも「オープンイノベーション」「オープンソース」「オープン性が高い」などMONOistの記事にも「オープン」はよく登場しています。

 ただここで常に疑問に感じているのが、そこでうたっている「オープン」の意味です。いったいどれくらい開かれているのかが、編集記者である私にはよく分からない「オープン」が多いのです。

 最近あった2つの発表会でも「オープン」をうたっていたので、質疑応答の際にオープンの意味について聞きました。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.