ET2017 特集
ニュース
» 2017年11月15日 16時00分 公開

ET2017:データ取得頻度を下げた低コストなIoTソリューション、東芝が提案

東芝プラットフォームソリューションは、「Embedded Technology 2017」「IoT Technology 2017」(2017年11月15〜17日/横浜市・パシフィコ横浜)で、簡単で短期間実装が可能で、低コストであるIoTソリューション「ToIS」をアピールした。

[三島一孝,MONOist]

 東芝プラットフォームソリューションは、2017年11月15〜17日にパシフィコ横浜(横浜市)で開催されている組み込み関連技術の展示会「Embedded Technology 2017(ET2017)」とIoT関連技術の展示会「IoT Technology 2017」で、簡単で短期間実装が可能で、低コストであるIoTソリューション「ToIS」をアピールした。

photophoto 東芝プラットフォームソリューションがブースに出展したロボットの遠隔監視のイメージ(左)と得られた情報の表示画面(右)(クリックで拡大)

 東芝プラットフォームソリューションが提案した「ToIS」は、IoT導入のファーストステップとするデータの収集と蓄積、可視化などに特化したソリューションである。簡単で短期間に低コストで導入できるという点を目指した。「製造装置やロボットなどでまずは簡単に見える化までを実現しようというニーズを狙ったソリューションである」(ブース説明員)としている。

 工作機械やロボットなどでは制御用の産業用コンピュータや操作用のパネルコンピュータなどを組み合わせて活用するが、これらに対し、取得したいデータを整形して送るソフトウェアをインストールする。その後、パネルコンピュータから送られるデータなどをToISゲートウェイを通じてクラウド環境に送る。クラウドはMicrosoft Azureに特化していることで低コスト化や低負担化を実現し、ダッシュボードのテンプレートを用意することで、短期間での「見える化」を可能としていることが特徴だ。

photo ToISのシステムイメージ(クリックで拡大)

 価格については、ロボットや製造機械からデータを取得する間隔を調整することで低価格化を実現することが可能。例えば、300MBでロボット1台のシステムを構築する場合、月額4500円程度を想定しているという。ToISはまだ発売はしていないが「今回の展示会などを通じてニーズを把握し、商品化を進めていきたい」(ブース説明員)と述べている。

関連キーワード

IoT | 東芝 | Embedded Technology


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.