ニュース
» 2017年11月16日 15時00分 公開

医療機器ニュース:次世代型介護福祉サービスなどの提供に向けて業務連携

CYBERDYNEと損害保険ジャパン日本興亜が包括的業務連携を発表した。CYBERDYNEのサイバニクス技術とリスクファイナンスを融合させ、次世代型サービスの開発・提供を進める。

[MONOist]

 CYBERDYNEは2017年10月25日、損害保険ジャパン日本興亜(損保ジャパン日本興亜)と包括的業務連携に関する協定を締結したと発表した。CYBERDYNEのサイバニクス技術とリスクファイナンスを融合させて次世代型サービスの開発・提供を進め、健康で豊かな社会システムの構築を目指す。

 CYBERDYNEは、人やロボット、情報系が融合・複合したサイバニクス技術に強みを持つ。主に医療、介護福祉、生活分野を対象とし、サイボーグ型ロボット「HAL」などの革新的サイバニックシステムを開発している。一方、損保ジャパン日本興亜は、損害保険事業を中心に、介護やヘルスケア事業などの領域を展開している。

 両社が業務連携することで、サイバニクス技術を活用した次世代型介護福祉サービスを提供する。また、企業や健康保険組合などを通じたサイバニクス技術を活用し、次世代型健康増進サービスを提供する。

 他に、外傷などで重症となった損害保険の被保険者に対する次世代型自立促進サービスや自動車運転者に対するサイバニクス技術を活用した新サービスの提供、これらの分野におけるサイバニクス技術とリスクファイナンスの融合を目指すとしている。

photo 業務提携を結び、握手する代表ら(クリックで拡大) 出典:CYBERDYNE

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.