ニュース
» 2017年11月16日 11時00分 公開

FAニュース:高付加価値成形にも対応する新型電動式射出成形機を開発

東芝機械は、新型電動式射出成形機「EC-SXIII」シリーズを開発した。軽量化成形、多材・多色成形などの成形技術を最適化し、特殊成形など高付加価値成形にも対応する。

[MONOist]

 東芝機械は2017年10月20日、電動式射出成形機「EC」シリーズの最新機種として、高付加価値成形にも対応できる「EC-SXIII」シリーズを開発したと発表した。

 EC-SXIIIシリーズでは、軽量化成形、多材・多色成形などの成形技術を最適化し、特殊成形など高付加価値成形にも対応する「モジュール化オプション」を充実させた。また、650t以上の大型機種で型開閉速度を向上させ、金型交換に要する時間を削減。段取り時間と生産サイクルの短縮を図った。オプションとして型締力UP仕様を用意し、ワンサイズ下の機械でも同等の成形が行える。

 周辺機器との接続機能も強化し、射出成形機から機能の一元設定と監視を可能にした。成形条件と周辺機器設定を一括管理することで、設定ミスを防止し、省人化に寄与する。

 さらに、EC-SXIIIシリーズ向けに新型コントローラー「INJECTVISOR-V70」を開発。19インチの「抵抗膜式タッチパネル」を採用した上下2画面構成により、メニューの視認性が向上した他、条件設定が容易になった。金型交換が多い生産現場の自動化に対応するため、「PRODUCTROL」機能を搭載。生産スケジュールと工程間の段取りを自在に設定できる。

photo 「EC-650SXIII」(クリックで拡大) 出典:東芝機械

関連キーワード

射出成形機 | FA | FAニュース | 生産現場


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.