ニュース
» 2017年11月17日 07時00分 公開

ロサンゼルスオートショー 2017:マツダ「CX-9」のガソリンターボが新型「アテンザ」に、気筒休止も採用

マツダは「ロサンゼルスオートショー」において、「Mazda6(日本名アテンザ)」の新モデルを世界初公開する。

[齊藤由希,MONOist]

 マツダは2017年11月16日、「ロサンゼルスオートショー」(プレスデー:2017年11月29〜30日、一般公開日:12月1〜10日)において、「Mazda6(日本名アテンザ)」の新モデルを世界初公開すると発表した。

ロサンゼルスオートショーで世界初公開する新型アテンザ(左)。アテンザの現行モデル(右)(クリックして拡大) 出典:マツダ

 パワートレインは大幅改良を施す。排気量2.5l(リットル)のガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」は気筒休止など新技術を採用し、燃費性能とパフォーマンスフィールをさらに高いレベルで両立したとしている。大幅改良を受けたSKYACTIV-G 2.5は「CX-5」にも搭載する。

 また、新型アテンザのパワートレインのラインアップには、「CX-9」で採用した排気量2.5lの直噴ガソリンターボエンジンも加わる。排気量4lのV型8気筒自然吸気ガソリンエンジン並みのトルクを生みだす。

プレミアム感を向上させたデザイン(左)。CX-9に搭載したガソリンターボエンジンが新型アテンザにも採用される(右)(クリックして拡大) 出典:マツダ

 新型アテンザはデザインも深化させた。「Mature Elegance」をコンセプトに、上質さを高めて大人の落ち着きを感じさせるデザインとした。日本の伝統家具や楽器に使用される栓木(せんのき)を用いた本杢素材などによってプレミアム感も向上させたという。

 マツダが2012年から展開した新世代商品群は投入が一巡。2017年2月に全面改良を受けた「CX-5」が発売され、2017年12月には新型クロスオーバーSUV「CX-8」が国内向けの商品群に加わる。

CX-5の先代モデル(左)と現行モデル(中央、右)(クリックして拡大) 出典:マツダ
日本向けに投入するCX-8(クリックして拡大)

関連キーワード

マツダ | ガソリン | エンジン | SKYACTIV | 新技術


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.