ニュース
» 2017年11月17日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:製造業の今後5年間の展望、スマートファクトリー件数は2倍になる見通し

米ゼブラ・テクノロジーズは、製造業の今後5年間の展望に関する「製造業ビジョン調査2017」を発表した。調査対象企業の3分の1以上がスマートファクトリーの導入を検討しており、その件数は2020年までに2倍になる見通しだ。

[MONOist]

 米ゼブラ・テクノロジーズは、製造業の今後5年間の展望に関する「製造業ビジョン調査2017」を発表した。同調査は、自動車やハイテク、食品、飲料、たばこ、製薬といった企業の幹部1100人を対象とし、聞き取りおよびオンライン上のアンケートによって世界規模で実施した。

 調査によると、調査対象企業の3分の1以上がスマートファクトリーの導入を検討しており、スマートファクトリーの件数は2020年までに2倍になる見通しだ。

 また、全体の23%が10カ所以上のステージゲートの設置を予定している。最新技術の導入としては、48%がRFID(Radio Frequency Identification:電波を用いてRFタグの情報を非接触で読み書きするシステム)を利用予定、53%がリアルタイム位置情報システム(RTLS)を検討している。

 成長面では、調査対象全体の46%が、オペレーション全体における可視性の向上が成長につながると考えている。収益増加を期待しているのは88%。さらに44%が前年比5%以上の成長を見込んでいる。

 その他、50%が流動的な市場ニーズに適応できる柔軟性をビジネス戦略として最重視しており、58%がサプライヤーの品質を問題視していることが分かった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.