SCF2017 特集
ニュース
» 2017年11月21日 11時00分 公開

スマートファクトリー:「状態監視」を体系化、オムロンが機構系や循環系など専用4製品を投入 (1/2)

オムロンは、製造機械や設備などの「稼働状況監視」に特化した4製品を製品化する。

[三島一孝,MONOist]

 オムロンは2017年11月20日、製造機械や設備などの「稼働状況監視」に特化した4製品を製品化し同年11月29日から順次発売することを発表した。

 発売する4製品は、三相インダクションモーターの故障を予知する「モーター状態監視機器」、制御盤に組み込まれる電源の寿命や故障予知が可能な「ネットワーク付パワーサプライ」、プレス機や成形機などの作動油や冷却水を監視する「熱式液体流量センサーおよび液体圧力センサー」、設備や機械に搭載される既存のアナログセンサーのIoT化を加速する「スマート状態監視アンプ」で、バリエーションに富んだものとなっている。

photo 液体流量センサーおよび圧力センサーのデモ機(クリックで拡大)

状態監視を実現する製品を体系的に展開

 オムロンでは、IoTによる市場ニーズの調査などを進めてきているが、関心の高い状態監視についても、ニーズを分類を進めている。状態監視は「何を測るか」というのが最大のポイントだが、オムロンでは主に機械や設備の異常については、機構系、循環系、動力系、コンポーネントの自己診断の4つのポイントでセンシングを行うことで把握できると分析する。

photo オムロンの考えるセンシングの要件(クリックで拡大)出典:オムロン

 これらの分析の下、4つの分類に合わせた製品群を投入していく方針だ。オムロン 商品事業本部 センサー事業部 スマートPMG 山下吉弘氏は「機械や設備などで人間では見えないものを見えるようにするのがセンサーの役割だ。特にニーズが大きい、機構系や循環系、動力系の3つで、設備停止課題の大きいアプリケーションを抽出して製品化を行った」と述べている。

photo 状態監視のターゲットアプリケーション(クリックで拡大)出典:オムロン
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.