ニュース
» 2017年11月24日 09時00分 公開

製造ITニュース:IoTを活用し、温度管理輸送を支援するサービスを開始

東芝デジタルソリューションズは、温度管理輸送を必要とする食料品や医薬品などの物流企業向けに「輸送品質見える化・分析クラウドサービス」を発売した。IoTによって管理ルールや業務情報を可視化し、輸送品質の維持・改善を支援する。

[MONOist]

 東芝デジタルソリューションズは2017年11月8日、温度管理輸送を必要とする食料品や医薬品などの物流企業向けに「輸送品質見える化・分析クラウドサービス」を発売した。

 同サービスは、東芝のIoT(モノのインターネット)アーキテクチャ「SPINEX(スパインエックス)」に基づいて開発した。冷凍や冷蔵の食品、生鮮食料品、酒類、医薬品、フィルムなど日常的に輸送環境状態を把握する必要がある荷物について、荷物や車両に取り付けたセンサーから輸送環境の温度、湿度、衝撃データをクラウド上に収集する。これらのデータと上限と下限の管理ルールと輸送業務情報との関係を可視化・分析することで、輸送品質の維持や改善活動を支援する。

 温度データと運転日報情報を掛け合わせて可視化する「運転日報リンケージレポート」機能では、拠点配送において輸送温度を逸脱する配送先を特定できる。また、ドライバーの運転日報やセンサー機器からのデータをクラウド上に収集できるため、全社的な品質活動の展開が容易になる。

 他に、温度の管理ルール逸脱や配送作業時間の予定実績を比較する拠点別月次分析機能も装備。作業内容やルート、予定の見直しに活用できる。

photo 「輸送品質見える化・分析クラウドサービス」概要(クリックで拡大) 出典:東芝デジタルソリューションズ

関連キーワード

IoT | 東芝 | 製造ITニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.