特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2017年11月24日 10時00分 公開

スマートファクトリー:プロジェクターで作業指示、生産性を1.5倍にする組み立て屋台

OKIはユーザーイベント「OKI PREMIUM FAIR 2017」において、人手による組み立てセル生産の効率化を低コストで実現する「プロジェクションアセンブリーシステム」を参考出展した。

[三島一孝,MONOist]

 OKIはユーザーイベント「OKI PREMIUM FAIR 2017」(2017年11月16〜17日)において、人手による組み立てセル生産の効率化を低コストで実現する「プロジェクションアセンブリーシステム」を参考出展した。

photo OKIが参考出展した「プロジェクションアセンブリーシステム」(クリックで拡大)

 「プロジェクションアセンブリーシステム」は、生産工程の中で人手によるセル生産を想定し、作業を支援する屋台型のシステムである。カメラによるセンシングにより、ピックアップする部品を作業指示書に合わせてプロジェクターで明示し、ピックアップする部品の指示を行ったり、組み立て作業内容を動画で示したりすることができる。

 具体的には、プロジェクターを使って手順通りに必要な部品の棚を指し示し、さらにその作業内容を作業台に表示する。組み立てが終わり次の部品を取るとその動きをカメラによりセンシングし、次の作業内容が表示されるという流れである。

photo プロジェクターを使って作業指示を表示。右側には作業指示書。左側には作業内容の動画を表示し、誰でも簡単に作業ができるようにしている(クリックで拡大)

 同時に作業映像を作業工程と合わせて保存できるために、改善活動や技術伝承などにも活用可能である。さらに、作業効率を考慮した設計へとフィードバックを行うことなども可能だとしている。

photophoto 左が作業実績で右が動作分析。カメラは作業のセンシングを行うだけでなく作業データとなり、後の改善などに活用することも可能(クリックで拡大)

 同システムの優れている点は、プロジェクターやUSBカメラなど、一般の家電量販店でも売っているような汎用(はんよう)品を使って作っているという点である。そのためコストを大幅に低減することができているという。同システムはATMなどを製造するOKIメカトロシステム工場(富岡工場)で開発され、同工場内では既に100台ほどの同システムが稼働しているという。「生産性も上がっており、1年で1.5倍に向上した」と説明員は効果について述べている。

 OKIでは、自社工場の生産性改善やノウハウの共有を目指して、グループ内の表彰を行う「生産改革大賞」などを実施しているが、2016年末に発表された「第6回 OKIグループ生産改革大賞」で同システムは最優秀賞を受賞している。

 今後は、さらに他の工場などへの展開や、外部販売なども検討しているとはいうが「センシングの精度や棚の数や形状、ソフトウェアとハードウェアのバランスなど技術的には課題も多く、効果的な活用方法を模索していきたい」と説明員は今後について述べていた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.