ニュース
» 2017年11月27日 09時00分 公開

製造ITニュース:AIの検証、導入、活用を総合的に支援するAI活用基盤

NECは、AIの検証から導入、活用までのプロセスを総合的に支援するAI活用プラットフォーム「NEC Advanced Analytics Cloud with 異種混合学習」を発売した。AIを活用したソリューション開発の迅速化を支援する。

[MONOist]

 NECは2017年11月8日、AI(人工知能)の検証から導入、活用までのプロセスを総合的に支援するAI活用プラットフォーム「NEC Advanced Analytics Cloud with 異種混合学習」を発売した。価格は月額90万円(税別)から。今後5年間で関連商品も含めて100億円の売り上げを目指す。

 同プラットフォームは、データサイエンティストによる検証、アプリケーション開発者による導入、ユーザーによる活用までを総合的にサポートする。各プロセスで専門家が協働できる環境を、クラウドサービスとして提供。エンジン活用のための複雑な構成管理が不要になるため、導入における分析モデルのAPI化を容易にし、AIを活用したソリューション開発を迅速化する。

 データサイエンティストによる検証用プラットフォームとして、同社のAI技術「異種混合学習技術」と、オープンソース機械学習ライブラリー「scikit-learn」を統合し、各種のアルゴリズムを同一の環境下で実行可能にした。仮想環境「Docker」を統合することで、複数のユーザーが1つの環境を共有。サーバ増設による処理能力拡張にも対応した。

 また、検証で作成した分析モデルなどを容易にAPI化できるため、アプリケーションへの組み込みを短期間で行える。同プラットフォームは、同社の「NEC Cloud IaaS」上のクラウドサービスとして提供。同プラットフォームをオンプレミスでも構築できるため、検証はクラウド上で行い、実際の運用をオンプレミスで行うなどの対応も可能だ。さらに、データサイエンティストによる活用支援サービスも提供する。

photo 「NEC Advanced Analytics Cloud with 異種混合学習」の概要(クリックで拡大) 出典:NEC

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.