ET2017 特集
特集
» 2017年11月27日 10時00分 公開

ET2017獣道レポート:知る人ぞ知るプロセッサや計測器が自己主張、でも少し気になることが…… (1/4)

2016年に引き続き、エレクトロニクス/組み込み分野に詳しい大原雄介氏による「ET2017/IoT Technology 2017」の“獣道”レポートをお送りする。プロセッサや計測器などで興味深い製品が出展されている中、大原氏が気になったこととは……。

[大原雄介,MONOist]

 前回の“獣道”レポートが評判よかった(?)のかどうなのか、今回の「ET2017/IoT Technology 2017」についても依頼が来ることになった。まっとうな記事はこちらのET2017特集ページにまとまっているので、先にこちらをお読みいただければと思う。

プロセッサ3題

Photo01 (Photo01)「GD32」のラインアップ。「Cortex-M3」は2013年4月から、「Cortex-M4」は2016年9月から提供を開始しているとか

 テカナリエの清水洋治氏の連載は皆さまお読みかと思うが「その22」に出てきた中国のGigaDeviceが、Armのブース内に出展していた(Photo01、02)。

 同社は以前から国内に拠点を置いてはいたが、主にNORフラッシュやNANDフラッシュを販売していたとか。ただ最近はそれこそ清水洋治氏の連載のおかげもあって(?)か知名度が上がってきており、本格的にMCUの展開も始めていきたいという話であった。ただ現状の問題はサポートだとか。データシートなどの資料は英語で用意されているので困らないのだが、問題は開発者向けのサポートフォーラムが完全に中国語という状況で、これをどうしようかいろいろ考えている最中だそうである。

 ちなみに同社は2017年12月8日に品川で開催される「Arm Tech Symposia 2017」で「中国発Armマイコン GD32シリーズ」というセッション(Track E)を行う他、会場で展示も行う予定である。

Photo02 (Photo02)「GD32」の開発キット各種(クリックで拡大)

 このGigaDeviceとある意味対照的な展示をおこなっていたのがiCOP I.T.G.。こちらは台湾DM&Pの関連会社であるiCOP(本社はこちらも台湾)の日本支社であるが、x86ベースのSoCである「Vortex86シリーズ」を搭載したモジュールやSOMの展示を行っていた(Photo03、04)。

Photo03Photo04 (左、Photo03)SOMやモジュール各種。x86ベースのPC/104対応モジュールはDM&Pの独壇場である。日本ではあんまり流行らないようだが。(右、Photo04)DOSとかFreeBasicといった、旧来の組み込み向け開発環境にがっちり対応しているのが特徴(クリックで拡大)

 ご存じの方も多いかと思うが、Vortex86というプロセッサ、オリジナルは1998年にRiSEというファブレスのベンチャー企業が開発した「mP6」という、インテルの「Pentium」とほぼ同程度の性能をより低い消費電力で実現する独自のx86コアプロセッサである。ただRiSEはビジネス的にあまりうまくいかず、結局台湾SiSに会社ごと買収された。

 SiSはこのRiSEのmP6を組み込んだ「SiS550」というSoC(System on Chip)を開発し2000年頃から発売した。ところがSiS自身もビジネスがうまくいかなくなり、さまざまな資産の切り売りを始める。DM&PはSiSからmP6コアを含むSiS550シリーズ丸ごと一式を買収、これをVortex86という名前で売り始めた。その後、内部の再設計なども行われており、現在は6製品がラインアップされている。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.