ニュース
» 2017年11月30日 13時00分 公開

CAEニュース:Graph500の1位にスパコン京、6期連続で

理化学研究所らによる国際共同研究グループは、スーパーコンピュータ「京」が6期連続で「Graph500」の1位に選ばれたと発表した。ビッグデータの処理で重要となるグラフ解析において、最高レベルの評価を得た。

[MONOist]

 理化学研究所と九州大学、東京工業大学、スペインのBarcelona Supercomputing Center、富士通、フィックスターズによる国際共同研究グループは2017年11月16日、スーパーコンピュータ「京」が6期連続で「Graph500」の1位に選ばれたと発表した。運用開始から5年以上が経過した京が、現在でもビッグデータ解析に関して世界トップクラスの能力を持つことが実証された。

 Graph500は、大規模グラフ解析に関するスーパーコンピュータの国際的な性能ランキングだ。今回、Graph500の測定に使われたのは、8万8128台の京のノードのうち、8万2944台。約1兆個の頂点を持ち、16兆個の枝から成るプロブレムスケールの大規模グラフに対する幅優先探索問題を0.45秒で解いた。ベンチマークのスコアは3万8621GTEPSだった。

 今回の成果は、京が規則的な行列演算だけでなく、不規則な計算の多いグラフ解析でも高い能力を持つことを実証し、さまざまな分野のアプリケーションに対応できる高汎用性を示した。同時に、京の性能を最大限に活用できる研究チームの高度なソフトウェア技術も示した。

 大規模グラフ解析の性能は、複雑なデータ処理が必要なビッグデータの解析において重要となるものだ。例えば、インターネットのソーシャルサービスでは、「誰が誰とつながっているか」といった関連性のある大量のデータを解析する際にグラフ解析が使われる。また、サイバーセキュリティや金融取引の安全性担保、脳神経科学における神経機能の解析、タンパク質の相互作用分析など科学分野でも用いられ、応用範囲が広がっている。

 国際共同研究グループはプログラムのオープンソース化を行い、GitHubレポジトリより公開中。今後は、大規模高性能グラフ処理のグローバルスタンダードを確立していくとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.