特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2017年12月01日 17時00分 公開

組み込み開発ニュース:アマゾンがマイコン向け組み込みOSを無償提供、FreeRTOSにライブラリをバンドル

Amazon Web Services(AWS)は、マイコンなどを搭載するIoTエッジデバイス向けの組み込みOS「Amazon FreeRTOS」を発表した。組み込みシステム向けのオープンソースのリアルタイムOS「FreeRTOS」をカーネルに採用し、クラウドとの接続、セキュリティの確保、メンテナンス簡略化などの機能をライブラリで提供するものだ。

[朴尚洙,MONOist]

 Amazon Web Services(AWS)は2017年11月29日、同社ユーザーイベント「AWS re:Invent 2017」において、マイコンなどを搭載するIoT(モノのインターネット)エッジデバイス向けの組み込みOS「Amazon FreeRTOS」を発表した。既に同社の製品Webサイト(英語)から無償でダウンロードできるようになっている

「Amazon FreeRTOS」の利用イメージ 「Amazon FreeRTOS」の利用イメージ(クリックで拡大) 出典:AWS

 Amazon FreeRTOSは、組み込みシステム向けのオープンソースのリアルタイムOS「FreeRTOS」をカーネルに採用。IoTエッジデバイスとクラウドを容易に接続するとともに、セキュリティを確保し、メンテナンスを簡略する機能をライブラリによって拡張する。また将来的には、OTA(Over the Air)によるアップデートを可能にするライブラリも追加するとしている。

 AWSのサービスとの連携では、「AWS IoT Core」に代表されるAWSのクラウドサービスに直接接続できる他、「AWS Greengrass」を組み込んだより高性能なIoTエッジデバイスと接続することもできる。

AWSのサービスと「Amazon FreeRTOS」の連携 AWSのサービスと「Amazon FreeRTOS」の連携イメージ(クリックで拡大) 出典:AWS

 セキュリティについては、コード署名サービスを用いて信頼されたソフトウェアのみ実行するとともに、TLS(Transport Layer Security)を用いてAWSのクラウドサービスとの安全な接続を提供する。また、暗号鍵と機密性の高いデータをIoTエッジデバイス側に安全に保存する機能も用意するという。

 IoTエッジデバイスへのAmazon FreeRTOSの組み込みは、AWSが提供するソフトウェア「Amazon FreeRTOS Console」上で利用するライブラリなどを選んでコンフィギュレーションを行い、ダウンロードするだけで行えるという。

「Amazon FreeRTOS Console」の画面 「Amazon FreeRTOS Console」の画面(クリックで拡大) 出典:AWS

 Amazon FreeRTOSのハードウェアパートナーはテキサス・インスツルメンツ(TI)、マイクロチップ・テクノロジー、NXPセミコンダクターズ、STマイクロエレクトロニクスの4社。即座に利用可能な評価ボードとして、TIの「SimpleLink Wi-Fi CC3220SF LaunchPad開発キット」、マイクロチップの「Curiosity PIC32MZ EF Development Board」(間もなく発売)、NXPの「LPC54018 IoT Module」、STマイクロの「STM32L4 Discovery Kit IoT Node」がある。なお、ルネサス エレクトロニクスなどの国内メーカーのマイコンや評価ボードは現時点では未サポートとなっている。

 また、エコシステム&技術パートナーには、Arm、IAR Systems、Percepio、WITTENSTEINなどが名を連ねている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.