ニュース
» 2017年12月04日 07時00分 公開

ロサンゼルスオートショー 2017:トヨタがアウトドア向け小型SUVを披露、悪路を走った映像をSNSにアップできる

トヨタ自動車は、「ロサンゼルスオートショー」において、小型SUVのコンセプトカー「Future Toyota Adventure Concept(FT-AC)」を発表した。

[齊藤由希,MONOist]
小型SUVのコンセプトカー「Future Toyota Adventure Concept(FT-AC)」を出展(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 トヨタ自動車は2017年11月30日、「ロサンゼルスオートショー」(プレスデー:2017年11月29〜30日、一般公開日:12月1〜10日)において、小型SUVのコンセプトカー「Future Toyota Adventure Concept(FT-AC)」を出展すると発表した。

 ターゲットとするのは、キャンプや川下り、山岳地帯でのマウンテンバイクの走行など本格的なアウトドアを楽しむユーザーだ。「ランドクルーザー」などトヨタ自動車のSUVの伝統を踏襲した力強いデザインで、SUVならではの悪路走破性を持たせた。

 サイドミラーに装着した風景撮影用小型カメラや、車載Wi-Fi、取り外し可能で懐中電灯として使えるフォグランプなどを装備し、アウトドアを一層楽しくするクルマを目指したという。

 小型カメラと車載Wi-Fiによって、悪路走行の記録をリアルタイムにSNSに投稿できるようにする。また、車載Wi-Fiで車両の位置情報を発信することで、FT-ACを拠点とした周辺探索を安心して楽しめるようにする。

取り外し可能なフォグランプ(左)や風景撮影用の小型カメラ(右)によってアウトドアを一層楽しくする狙いだ(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 フロントデザインは、幅のあるフロントグリルと、側面まで回り込んだLEDヘッドランプを採用。ロングホイールベースとワイドフェンダー、20インチホイールにより、SUVらしい力強さを強調する。また、最低地上高の高さや前後のアンダーガードにより悪路走破性を表現した。

 パワートレーンはガソリンエンジンや、低燃費と4WDシステムの走破性を両立した次世代ハイブリッドシステムを想定している。駆動システムには左右の後輪に駆動トルクを適切に配分するトルクベクトル式4WDを設定する。路面に応じたセッティングの切り替えやディファレンシャルロック機能を実現し、最適なグリップ制御による操縦安定性やダイナミックな走行性能を実現する。

SUVのラインアップの伝統を踏襲したデザインとした。FJクルーザー(左)とランドクルーザー(右)(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車
「Future Toyota Adventure Concept(FT-AC)」の外観。マウンテンバイク搭載用のラックも備える(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車
ルーフラックはLEDライト付きで、夜間や悪天候時の視界確保をサポート(左)。SUVらしい力強さを表現している(中央、右)(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

関連キーワード

SUV | トヨタ自動車 | アウトドア | カメラ | Wi-Fi | SNS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.