ニュース
» 2017年12月04日 07時00分 公開

2017国際ロボット展:人の作業をそのまま置き換え、セイコーエプソンの自律型双腕ロボット

セイコーエプソンは「2017 国際ロボット展(iREX2017)」において、生産現場の自動化を促進する自律型双腕ロボット「WorkSense W-01」を披露した。

[三島一孝,MONOist]

 セイコーエプソンは「2017 国際ロボット展(iREX2017)」(2017年11月29日〜12月2日、東京ビッグサイト)において、生産現場の自動化を促進する自律型双腕ロボット「WorkSense W-01」を披露した。

photo セイコーエプソンの自律型双腕ロボット「WorkSense W-01」(クリックで拡大)

 「WorkSense W-01」は「見て、感じて、考えて、働く」を実現する自律型の双腕ロボットである。4つの頭部カメラ、2つのアームカメラによって人間の目と同じように、3次元空間上で対象物の位置・姿勢を正確に認識できる機能を実現し、対象物や障害物の配置が変わっても、自ら見つけて位置を把握する。

 さらに、2本のロボットアームには高精度な力覚センサーを搭載し、力を感じることで人の手と同じように力をコントロールして対象物にダメージを与えることなく組み立てや搬送などの作業を行える。アームの先には、さまざまな形状や大きさの対象物に対応する多目的ハンドを標準装備。人が使う道具や治具をそのまま利用した作業なども可能とする。

 3次元空間上で対象物の位置や姿勢を正確に認識する機能を持つため、ロボットの設置場所を変更してもプログラムを変更せずに即座に作業を開始できる。そのため異なる場所でさまざまな作業をさせるなど、急な生産体制の変更にも柔軟に対応できる。7軸アームの経路や姿勢、障害物の回避をロボットが自ら考えるという。

 国際ロボット展ブースでのデモでは、タンブラーやボールペン、ホチキスなど異なるものを乗せたトレイを用意し、トレイ上の二次元バーコードを読み取ることで作業内容を把握する。トレイに乗ったタンブラーなどは3次元CADデータから、どの部分をどのようにつかめばよいのかというのは学習しておく。4つのカメラにより対象物の3次元形状を把握し、その事前学習通りの作業を行うという流れである。

 ただ、現状では条件によっては認識失敗などが存在し「使用する用途はある程度限定される。利用する価値のある用途などを展示会などによって把握していきたい」とブース説明員は述べていた。「WorkSense W-01」は2017年12月以降、世界で順次発売する計画だとしている。

photo 「見て、感じて、考えて、働く」を自律的に行うことで人の作業をそのまま置き換えることが可能(クリックで拡大)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.