特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2017年12月05日 08時00分 公開

製造業IoT:LIXILが“住まいのIoT”に参入、国内で初めて建材とスマートスピーカーが連携 (1/2)

LIXILは、家電やデジタル機器だけでなく、玄関ドアや窓シャッターなどの建材までIoTでつながる「住まいのIoTリンクシステム」を開発した。2018年4月に全国で発売する予定。当面は、同社が手掛ける新築戸建て1万戸への導入を目標としている。

[朴尚洙,MONOist]

 LIXILは2017年12月4日、東京都内で会見を開き、家電やデジタル機器だけでなく、玄関ドアや窓シャッターなどの建材までIoT(モノのインターネット)でつながる「住まいのIoTリンクシステム」を開発したと発表した。2018年4月に全国で発売する予定。当面は、同社が手掛ける新築戸建て1万戸への導入を目標としている。

 “住まいのIoT”をうたう同システムは、LIXILの玄関ドアや窓シャッターといった建材、住宅設備機器の操作に加えて、Wi-FiとECHONET Liteに対応する家電の操作や連携が可能な「ホームコントローラ」と、住宅の外部に設置するセンサーやカメラ、グーグルの「Google Home」やアマゾンの「Amazon Echo」などのスマートスピーカーを連携させる「リンクコントローラ」から構成。2つのコントローラーをLIXIL独自の技術で融合することにより、住宅内のさまざまな操作機器と各種センサーを連携させられるようになる。

「住まいのIoTリンクシステム」のイメージ 「住まいのIoTリンクシステム」のイメージ(クリックで拡大) 出典:LIXIL
LIXILの野澤徳則氏 LIXILの野澤徳則氏

 システムの操作は、LIXILが開発中のスマートフォンアプリで行える他、スマートスピーカーにも対応している。建材とスマートスピーカーをつなぎ、住まいをトータルでIoT連携させるシステムは「国内初」(同社調べ)とする。

 LIXIL 常務役員 LIXIL Housing Technology ZEH推進事業部長の野澤徳則氏は「住まいのIoTの普及推進を進めていくための基本的な考え方として、LIXILの商品だけでなく住宅で用いられるさまざまな先進デバイスとつながるようにしていきたい。発売の2018年4月までに、住まいのIoTリンクシステムとつながる建材や機器の情報を順次公開していく。住宅に用いられるものなのでセキュリティを重視することになるが、さまざまなWebサービスとの連携も図っていきたい。販売店やビルダーにきちんと説明する一方で、最終顧客が使いたいと思うようなメッセージをSNSなどを活用して発信していく」と意気込む。

「住まいのIoTリンクシステム」のつながる、広がる可能性 「住まいのIoTリンクシステム」のつながる、広がる可能性(クリックで拡大) 出典:LIXIL
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.