ニュース
» 2017年12月05日 12時00分 公開

メカ設計メルマガ 編集後記:ロボ展にいるのにロボを展示していない

金型設計屋2代目さんがiREX2017にいました。

[小林由美,MONOist]

 この記事は、2017年12月5日発行の「メカ設計 メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。

ロボ展にいるのにロボを展示していない

 先週は「2017 国際ロボット展(iREX2017)」(会期は2017年11月29日〜12月2日、会場は東京ビッグサイト)の取材に少し行きました。メカ設計フォーラムの記事ではないのですが、FAやロボットフォーラムで幾つか記事を公開しました(関連記事:未熟で青いトマトは取らない、農作物の収穫をお手伝いするロボットなどパナソニックが展示)。そこで、思わぬ人物が出展していました。メカ設計フォーラムに記事を寄稿していただいている、「金型設計屋2代目」のモールドテックの落合孝明さんです。

 「モノづくりパビリオンwith かながわ2017」は東6ホールの奥にある、60小間ほどの大きなスペースにありました。そこには神奈川県内の企業や団体のブースの数々が出展し、プレゼンテーションやロボットの実演もしていました。落合さんがその一角で出展するとの情報を聞き、モールドテックのブースを訪れてみました。

 落合さんのブースにはロボットが1つもありません!

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.