ニュース
» 2017年12月07日 09時00分 公開

製造ITニュース:ERPはオンプレからクラウドへ、「Microsoft Dynamics NAV 2018」を発表 (2/2)

[小林由美,MONOist]
前のページへ 1|2       

急速に増加するクラウドERP

 ITRが2017年3月に発表した調査によれば、ERPパッケージ市場の運用形態としては、クラウドでの運用が急速に加速している傾向だという。ユーザーのクラウドの安定性およびセキュリティ不安が軽減されてきており、クラウド環境を利用することによるトータルコストの削減および導入早期化ができるメリットに目がいくようになってきた背景がある。

ITRが2017年3月に発表した調査

 Panorama Consulting Solutionsによる調査「CLASH OF THE TITANS 2016」および「CLASH OF THE TITANS 2017」によれば、Dynamics NAVのシェアについては、2016年の時点ではERP市場全体の9%で第4位であったが、2017年はシェアを16%にまで拡大させ、シェアトップのSAPの次点となった。2017年はマイクロソフトがAzureを前面に押し出す製品戦略に切り替えている。PBCとしても、Dynamics NAVをAzure上で稼働するサービスへとシフトする動きを加速させるよう動いているという。

Panorama Consulting Solutionsによる調査

 PBCは今後、Azure上で稼働する「Dynamics365」を中心とした事業戦略とする。Dynamics365は、ERPとCRM、マーケティングツールを備える。マイクロソフトとしても、Dynamics NAVとDynamics365は今後も併存させ、クラウドとオンプレミスの両方を継続して提供していく方針だという。2018年上期にリリースするDynamics NAV 2018R2では、オンプレミス版とクラウド版で同等の機能実装がされる予定だ。将来は両者を統合させる目的であるコードネーム「Tenerife」というプロジェクトが動いている。

クラウドとオンプレミスは共存する
ロードマップとTenerife

関連キーワード

ERP | Microsoft Dynamics


前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.