ニュース
» 2017年12月11日 07時00分 公開

2017国際ロボット展:ダイヘンが大型自動搬送ロボットにAIを搭載、ワイヤレス給電技術もアピール

ダイヘンは、「2017 国際ロボット展(iREX2017)」において、工場内の物流に用いる大型の「AI搬送ロボット」を披露した。

[朴尚洙,MONOist]

 ダイヘンは、「2017 国際ロボット展(iREX2017)」(2017年11月29日〜12月2日、東京ビッグサイト)において、工場内の物流に用いる大型の「AI搬送ロボット」を披露した。

障害物を避けながら700kgの重量物を搬送する「AI搬送ロボット」 障害物を避けながら700kgの重量物を搬送する「AI搬送ロボット」(クリックで拡大)
重量物をピックアップ重量物をピックアップ 「AI搬送ロボット」が重量物をピックアップする様子(クリックで拡大)

 AI搬送ロボットは、タブレット端末で指示した工場内の目的地と作業内容、工場内の地図データを基にAI(人工知能)が走行経路を判断。対角に1個ずつ設置したライダーを用いて、360度全周囲の障害物を検知しながら、独自開発のオムニホイールによって前後、左右、斜めなど全方向に滑らかに移動しすることで、ガイドレスの搬送が可能になっている。

 作業内容となる重量物の搬送は、高精度のカメラセンシングによって搬送対象を検知し、リフターでピックアップする。また、2016年4月から販売している磁界共鳴式ワイヤレス給電システム「D-Broad」も搭載しており、24時間の稼働も可能になっている。

「AI搬送ロボット」の技術概要 「AI搬送ロボット」の技術概要(クリックで拡大) 出典:ダイヘン

 「当社は産業用ロボットを得意としているが、搬送ロボットを手掛けるのは今回が初めて。今後は顧客からの評価を受けながら、事業化を検討していきたい」(同社の説明員)という。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.