ニュース
» 2017年12月11日 13時00分 公開

CADニュース:DropboxとAutoCADで作業連携可能に

米Dropboxは、米オートデスクとの連携を発表した。連携によって、オートデスクのCADソフトウェア「AutoCAD」ユーザーは、Dropboxをより利用しやすくなり、効率的な設計や共同作業が可能になる。

[MONOist]

 米Dropboxは2017年11月、米オートデスクとの連携を発表した。Dropboxには現在、オートデスクのCADソフトウェア「AutoCAD」の「.DWGファイル」が15億以上保管されている。今回の連携で、デバイスにかかわらずDropboxに保存されたDWGライブラリ全体にアクセスし、どこからでもAutoCADファイルで作業できるようになる。

 最新機能として、AutoCADデスクトップ向けDropboxアプリを装備。AutoCADのデスクトップアプリケーション上で、Dropboxに保存したプロジェクトファイルを開いた後、Dropboxに再度保存できるようになった。コンテンツのサイロ化を解消し、最新ファイルをAutoCADのワークフローに組み込めるようになり、複数のメンバーによる効率的な共同作業が可能となる。

 また2018年からは、一部のDropbox加入プランにおいてCADプレビュー機能を強化する。AutoCADについては、Autodesk Forge開発者向けプラットフォームを活用し、まず.DWGファイルをサポート。Dropbox内で.DWGファイルにコメントを追加できるようになるため、ファイルを共有する相手がAutoCADやDropboxをインストールしていなくても、ファイルが閲覧可能になる。

関連キーワード

CAD | Dropbox | AutoCAD


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.