ニュース
» 2017年12月12日 12時00分 公開

製造マネジメント メルマガ 編集後記:「生きるか死ぬか」の世界で日本の製造業は生き残れるのか

「勝つか負けるか」ではなく「生きるか死ぬか」。現状はかくも厳しい。

[朴尚洙,MONOist]

 この記事は、2017年12月12日発行の「製造マネジメント メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。


「生きるか死ぬか」の世界で日本の製造業は生き残れるのか

 日本の製造業は今まさに、曲がり角を迎えています。AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)に代表される、破壊的ともいえる技術進化とともに、急激な高齢化の進展とそれに伴う労働力不足、人材不足も起こっています。

 日本の製造業は、自動車メーカーや電機メーカーを中心に世界的な競争力を有していると言われます。前回の編集後記でも取り上げた「日本が誇るモノづくり力」が力を失ったわけではありません。しかし、破壊的な技術進化という前門の虎と、高齢化と労働力不足に代表される社会課題という後門の狼に対して同時に対応しつつ、欧米のみならず中国、韓国、インド、ASEAN諸国などに対抗していくのは容易なことではありません。

 そんな現状を、体制変更の発表と同時に表明したのがトヨタ自動車です。2016年4月のカンパニー制導入に並ぶほどの大きな体制変更になりました。

 特に激しい言葉を使っていたのが同社社長の豊田章男氏のコメントです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.