ニュース
» 2017年12月13日 06時00分 公開

車載半導体:ボッシュの次世代車載カメラ、イメージセンサーはオン・セミコンダクターに

オン・セミコンダクターは、先進運転支援システム(ADAS)で用いる次世代カメラ向けイメージセンサーのサプライヤーとしてRobert Bosch(ボッシュ)に選ばれたことを明らかにした。

[MONOist]

 オン・セミコンダクターは2017年11月9日(現地時間)、先進運転支援システム(ADAS)で用いる次世代カメラ向けイメージセンサーのサプライヤーとしてRobert Bosch(ボッシュ)に選ばれたと発表した。

 ボッシュに供給するイメージセンサーは、将来のADAS用カメラに対する自動車メーカーの要求に合わせて設計されており、最先端の機能安全への対応とハイダイナミックレンジ(HDR)を実現する。

 欧州で実施されている自動車アセスメント「Euro NCAP」の評価をはじめ、視界の悪い低照度条件での交通弱者の認識や、視認範囲を広げることによる深刻な追突事故の低減がグローバルで要求されている。これに対応し、同社の新しいイメージセンサー技術では、低照度条件でも歩行者や自転車を認知しやすくする。

 同社の車載イメージングソリューション部門担当副社長兼ジェネラルマネジャーであるロス・ジャトウ氏は「当社は最高クラスのイメージング技術をADASシステムに組み込むため積極的に取り組んでいる。ボッシュとオン・セミコンダクターは、安全性が最も重視される場所である路上や車内で、安全性を向上させる新技術の開発において豊富な実績をもっている」と述べている。

 同じ車載用イメージセンサーの分野では、ソニーがデンソーの受注を勝ち取った。ソニーも日本や欧州の自動車アセスメント「NCAP」の安全性能評価基準に加わる夜間の歩行者検知に対応している。ソニーはスマートフォンやデジタルカメラなどに「Exmor」ブランドのCMOSイメージセンサーが広く採用されてきた。搭載性や耐熱性、耐振性など車載用としての品質を向上させ、車載用でのビジネスを拡大しようとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.