ニュース
» 2017年12月13日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:新しい3GPP無線技術の動作と性能の検証を支援する5Gライブラリ

マスワークスは、新しい3GPP無線技術の動作・性能の検証を支援する5Gライブラリの提供を始めた。無線通信エンジニアは5Gを実現する技術や、5Gシステムの設計全体に与える影響を評価するシミュレーションができる。

[MONOist]

 マスワークス(MathWorks)は2017年11月16日(現地時間)、2018年3月に予定されている3GPP 5G標準仕様のリリースに先駆け、無線設計や検証を支援する5Gライブラリの提供を開始した。LTE System Toolboxのアドオンから無料でダウンロードできる。

 同ライブラリには、関数およびリンクレベルのレファレンスを用意。新しい3GPP無線技術の動作やパフォーマンスを、MATLABでシミュレーションおよび検証できる。

 同ライブラリを活用することで、無線通信エンジニアは5Gを実現する技術や5Gシステムの設計全体に与える影響を評価するシミュレーションが可能となる。また、ライブラリに含まれる5Gアルゴリズム、及び38.901チャネルモデルのMATLAB実装により、新しい波形や符号化スキームのパフォーマンス特性を迅速に評価し、受信側のアルゴリズムを開発できる。

 提供される機能は、「チャネルモデル」「スペクトル効率を向上させる新しい無線波形」「LDPCなどの新しい符号化スキーム」「リンク・スループットの測定を可能にするリンクレベルシミュレーションのレファレンス設計」だ。また、5Gテクノロジーを開発するためのMATLAB、Simulinkの機能を補完する各種機能も備える。

photo 5Gライブラリを利用した、新しい3GPP無線技術の動作、性能の検証 出典:MathWorks

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.