ニュース
» 2017年12月18日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:NB-IoTを活用したスマートファクトリーソリューションのデモを披露

東芝デジタルソリューションズと中国のファーウェイは、産業向けIoT分野での協業に基づいて、NB-IoTを活用したスマートファクトリーソリューションのデモを披露した。

[MONOist]

 東芝デジタルソリューションズと中国の華為技術(ファーウェイ)は、2017年11月29日、IoT(モノのインターネット)向けLPWA(省電力広域無線ネットワーク)の1つであるNB-IoTを活用した、スマートファクトリーソリューションのデモを披露したと発表した。

 両社は、同年3月に産業向けIoT分野における協業を発表。今回のデモは、その最初のプロジェクトとして実施した技術検証の一環となる。デモは同年11月15〜16日にロンドンで開催された「モバイルブロードバンドフォーラム 2017」で披露された。

 今回のプロジェクトでは、東芝IoTアーキテクチャ「SPINEX(スパインエックス)」上に、省電力でカバレッジエリアの広さを特長とするファーウェイのNB-IoTソリューションを適用した。電波が届きにくく商用電源の確保が難しい工場屋内で、機器を遠隔監視するスマートファクトリーソリューションを目指している。

 東芝デジタルソリューションズは、SPINEXや東芝アナリティクスAI「SATLYS(サトリス)」で、機器の遠隔監視、高精度な異常検知をする産業IoT向けソリューションを提供している。またファーウェイは、そのNB-IoTソリューションが各国の通信事業者14社で商用化されており、NB-IoTの活用に向けてさまざまな業種の企業とオープンな協業を進めている。

 両社は今後、ファーウェイが世界各国に設置するオープンラボを活用して同ソリューションの実証実験を実施し、商用展開に向けて検討を進めていく。

photo デモの様子 出典:東芝デジタルソリューションズ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.